パソコン・インターネット

2011年10月24日 (月)

内外価格差

アマゾンで音楽のダウンロード購入ってありますよね

あれ同じものが今の円ドルレートならAmazon,USAで半値くらいで売ってます

同じものならわざわざ高いところから買うことはないと、USAサイトで買おうとしたら、日本へのダウンロード販売は受け付けないんですね(T_T)

まあAppleストアも似たようなところがあるけど、こちらは99¢85円換算ですか、比較するとアマゾンは高いように思います

結局レーベルの直販サイト(USA)で買いました

アマゾンで1500円の商品がUSAでは6ドル(500円弱)

うーんこれは、、、価格が違いすぎですなぁ


posted by 管理人

2011年10月13日 (木)

iOS5でたけど

当面アップデートする気なし

アップデートして重くなったらいやですから

iPhone3GをiOS4にしたら超ノロノロになっちゃった経験からすぐに飛びつくことはしないでしょう

3GのときにiOS4にしたのはiPhone4を買って今まで使ってたアプリ(の一部)をiOS4対応にしなきゃいけなかったのでしたんです

やめときゃよかった

ずっとアプリのアップデートをせずに放って置けばよかった

ということで、今回はアプリのアップデートは原則しないことにします。アプリをアップデートすれば、iOS5でなければ動かなくなるかも知れないからです

みなさまも、OSアップデートしないなら、今日からアプリのアップデートも避けたほうがよいかもしれません

posted by 管理人

2011年8月26日 (金)

YouTubeにCC(字幕)を追加する

メモ


on/offできる字幕(closed caption)の登録方法


連番(改行)
hh:mm:ss,ms半角スペース-->半角スペースhh:mm:ss,ms(改行)
*******(←字幕)
(改行)


という書式でメモ帳など適当なエディタで作成し、拡張子srtで保存します


-----


0
00:00:00,500 --> 00:00:08,000
Interview with guardian spirit
of Barack Obama

1
00:00:09,000 --> 00:00:25,000
I abandon Japan,and I choose Chaina

2
00:00:26,000 --> 00:00:40,000
Japanese people are sneaky people.I hate them


-----


最初のは0.500秒~8.000秒まで"Interview with guardian spirit of Barack Obama"という字幕を表示するという意味です

次は9.000秒~25.000秒までの表示、

その次は26.000秒~40.000秒までの表示です



YouTube編集画面から「キャプションと字幕」→「新しいキャプション/字幕を追加」で上で作成したテキストファイルを指定しアップロードします


以上


posted by 管理人





2011年8月21日 (日)

カセットテープをデジタル化(mp3,wav)

基本的にCD化されているものならば買い直すか、レンタル屋で借りてくればよいだけです

が、カセットテープに入っている自分の歌をデジタル音楽プレーヤー(ipodやwalkmanなど)で聞けるようにしたい場合は自分でデジタル化するしかありません


必要なもの

ハード

パソコン
デジタルオーディオプロセッサー(ノイズ低減のため。自分はONKYOのSE-U33GXを使っています)
カセットデッキなど(ピンジャック(RCA)の出力端子のあるものが便利)

(デジタルオーディオプロセッサーを経由せずに直接デッキからPCに入れてみたら雑音だらけになってしまいました)

ソフト

音声波形編集ソフト

デジタルオーディオプロセッサーに付属していた編集ソフトDigiOn Sound5 L.E.を使いました
(SoundEngine Freeではこのデバイス(音源)を認識しませんでした)

もう一つmp3編集ソフトmp3DirectCutも使いました。これはDigiOn Sound5 L.E.にはないファイル分割保存機能を使うのためです。通常の編集は付属の編集ソフトだけで十分です


方法

デッキとデジタルオーディオプロセッサーとPCをつなぎ、編集ソフトを起動させます

ステレオにする必要のないものはモノラル設定にしてファイル容量を節約します

デッキは一回だけのリバースに設定、編集ソフトはタイマーで録音時間を指定。これで止め忘れてもずっと録音し続けるのを防ぎます

デッキで再生して、編集ソフトで録音開始します

録音が終わったら、編集ソフトでA面B面の無音部分などをカットします(mp3に変換後にmp3編集ソフトで編集してもよい)

編集ソフトでmp3に変換します。bitrateなどもこのソフトで指定できます

編集後のmp3ファイルをmp3DirectCutで読み込み、自動分割(自動cueという)を10分ごとに指定して分割保存します

すると55分のファイルなら10分のファイルが5つと5分のファイルが1つに分割されて保存されます

ファイルを分割するのは1ファイルだと途中から聞いたりするのに不便だからです。自動分割がいやなら自分で分割点を指定して分割保存します

このときファイル名は元ファイル+連番で自動付与されます

これをiTunesに登録してiPod/iPhoneと同期させればOK

ファイル情報(曲名、アルバム名、アーティスト名等)はiTunesで一つ一つ手打ちにしてもよいですが、大量の場合はmp3のタグを一括編集できるソフトを使用します

以上簡単ですからやってみてください


posted by 管理人


ps.デッキはTEACのW-790Rというのを使ってるんですが、「高機能」の割に安かったので買ってみました

モーターが弱いのかすぐに止まり、リバースされちゃいます。そしてテープの初めの方はノロノロ再生

メーカーに2度ほど見てもらっても「異状なし」とのことですがウォークマンでもカーステレオでも普通に再生できるカセットがこの製品ではそのように再生されません

安くて品質が良い、やはり、そんな旨い話はありませんね


(この日記は数年前の日記を別サイトより転載しました。ソフトおよびハードの評価は当時のものです)


2011年7月23日 (土)

日本でもブラックアウト

中共国内で外国メディアが伝える、劉暁波氏へのノーベル平和賞授賞決定のニュースがブラックアウトしたことは記憶に新しいと思います

日本でも同じことが行われたのでは?と思える「事件」が一昨日起きました

(今のところは、まだ政府によってではなく、一企業によってですが)


それは、中共に3000ヶ所ある「抗日記念館」の展示内容のデタラメさ、南京事件のウソを伝えていたインターネットTV「歴史を曲げるな!~中国抗日教育の実態~ 」の放送中のことでした

話が核心に迫ろうとしていたとき、突然ブラックアウトしたのです

こんなことは今まで起きたことはありません


単なるトラブルならしかたないかもしれません

しかし、このインターネットTVのフレームを運営している企業の大株主に怪しいところがあるんですね

運営企業は米国の企業(U社)ですが筆頭株主は反日色の付いた日本の企業(以後S社)

U社の日本オフィスはS社の100%子会社の子会社です

S社の関係会社であるインターネットポータルサイトを運営するY社は反日、左翼色が強いと評判であり

北朝鮮批判を繰り返すY社ブログを強制削除するということも過去やっております

そのようなS社が筆頭株主になるとは先述のインターネットTVサービス企業にとっても日本国民にとっても残念なことです


S社のオーナーは悪魔・菅直人首相のブレーンをしており、自社のソーラー発電事業の電気を電力会社に高価強制買取させる法律を悪魔首相に通させるつもりでいます

脱原発解散を悪魔首相に吹き込んだのもS社のオーナーだと言われています

要するにズブズブの関係ということです


一昨日のブラックアウトも将来、民主党政府による表現規制の予行演習ではないかと思えるのです(違ってるかもしれませんが)

現に民主党はネット規制の法案を成立させようとしています(http://www.soumu.go.jp/main_content/000058204.pdf)

TV、ラジオ、インターネット番組が放送法に触れるようなことをしたと総務大臣が判断した場合、大臣が業務を停止する権限を持つという内容です


悪魔菅直人とズブズブ関係の政商が組むとき、自由と豊かさが着実にどんどんと失われていきます

しっかりとチェックしていかねばなりません



posted by 管理人





2011年7月 5日 (火)

2倍速、3倍速でDVDを視聴-音声あり

メモ


早送りすると音声が消えてしまうソフトが多いため(例InterVideo WinDVDは2倍速以上は音声無し、MediaPlayerClassicsは1倍以上は音声無しになる)これを使いました


ここ↓よりnave player(free版)をダウンロードしてインストール

http://www.seera.jp/NaveTheBK/archive/nvply0622_Limited.lzh


次にここ↓よりnave player for DVDをダウンロードして解凍

http://web.archive.org/web/20070627103842/http://www.seera.jp/NaveTheBK/nvdvd0112.lzh

nvplydvd.exeを先にインストールしたnvplayer.dllと同じホルダ内にコピーする

nvplydvd.exeを起動する

0.5倍~4倍で再生速度を変えられます


(注)再生できない場合はコーデックがインストールされていないと思われます

http://www.seera.jp/によれば

「コーデックが無くて再生できない!という方。参考としてですが開発環境では、K-Lite Mega Codec Pack (http://www.codecguide.com/download_mega.htm) を使用して再生の確認を行いました。インストール時の選択は「Profile: Playback only (without player) 指定, Tools を外す, Miscellaneousを外す」で問題ないかと。」

ということです


ボクは以前の日記で書いたコーデックを入れていたため上記2つのソフトで再生できました



posted by 管理人




2011年6月10日 (金)

本日21:30「海外生中継@Ustream」

世界中でセミナーを行っている今井講師のブルガリアとロシアのセミナーをUstreamにてネット生放送を行います


また、ブルガリアでは、セミナー中継の直前にブルガリアの国営放送に出演したブルガリア支部長兼東欧開拓本部長のベニー氏と日本のエル・カンターレ信仰伝道局の西川氏を結んで初のネット対談を予定しています


ツイッターのつぶやきも大募集


世界伝道の現場とつながる生中継Ustream配信をぜひお見逃しなく


【生中継配信予定・日本時間】



6/10(金)21:30~(約30分)

ブルガリア支部長ベニー氏とエル・カンターレ信仰伝道局長の西川氏のネット対談


6/10(金)24:30~26:30

今井講師によるセミナー@ブルガリア(ソフィア)


6/12(日)20:00~22:00

今井講師によるセミナー@ロシア(モスクワ)


※時間の変更や配信に不備があることもございます、ご了承ください



ネット中継はこちらで視聴できます↓
http://www.ustream.tv/channel/world-report


posted by 管理人




2011年6月 7日 (火)

音楽クラウド…日本では違法なの?

米Amazonが音楽クラウドサービス開始
http://techwave.jp/archives/51643723.html

Google、クラウド音楽サービスを発表へ
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1105/10/news037.html

アップル、「iCloud」ストレージサービスを発表
http://japan.cnet.com/mobile/35003644/

など各社一斉スタートといった感のある音楽クラウトサービス

クラウド音楽サービスとは

「購入した楽曲をインターネット上に保管し好きなときに好きなデバイスで聞くことのできる音楽クラウドサービス」(前記TechWave)

「リモートストレージに音楽ファイルを置き、ストリーミングでどこでも楽しめる」(前記ITmediaニュース)

「CDからリッピングした音楽を含む自分の「コレクション全体」をiCloudサーバに保存することができる」(前記CNET Japan)

です


日本にも以前に類似のサービスがありました

それは「MYUTA」です

「「MYUTA」は、パソコンから「MYUTA」のサイトにアクセスいただき、会員登録の後、操作手順に従って設定するだけで、150MB(約100曲分)相当の音楽データを保存する事ができ、かつパソコンと携帯電話が紐付いた、自分だけの(オンリーワン)・安全な(セイフティー)ボックスをインターネット上に持つ事ができる画期的なサービスです。(オンリーワンセイフティーボックス機能。)

 インターネット上における自分だけのオンリーワンセイフティーボックス機能は、「自分だけのオンリーワンセイフティーボックス」という観点により、著作権法上で認められている私的複製の領域内のサービスとして位置づけられ、(中略) 携帯電話でいつでもどこでもアクセスやダウンロードしてお楽しみいただく事を実現します。

とのことです。全文はこちら↓
http://www.infocom.co.jp/info/press/2005/p05111402.html


要するに自分専用の音楽保管箱がネット上にあり、必要なときにここからケータイにダウンロードして聞けるというサービスです

しかし日本においてはこのサービスは違法とされました

http://blogs.itmedia.co.jp/kurikiyo/2007/05/myuta_f980.html

http://av.watch.impress.co.jp/docs/20070528/jasrac.htm

http://gigazine.net/news/20070526_music_storage_illegal/

簡単にいえばこの判決は、データを保管するサーバーはサービス提供業者の所有である、かつ、CDを保管用データに変換するソフトは業者が設計したものである。よって音楽データを送信するのは業者であり、受信するのが不特定の者であるから著作権法違反である、と結論づけているわけです

ログインIDやパスワードを知っている本人しか利用できなくても不特定が利用するというのもずいぶん飛躍した論理ですね

それならYahooメールやGmailに音楽データを保管するのも違法になりかねないです


さあ日本でのこの音楽クラウドサービスはどうなるのでしょうか

ユーザーの利益に適うような方向で解決していただきたいと思います


ちなみに、上記ITmediaブログ(2007/05/28)で著者はこのように述べています

「たとえば、iPodに無線ブロードバンド機能が搭載されて自宅のiTunesライブラリの曲がどこでも聴けますなんてサービスは当然に考えられます。こういう技術動向を考えると、外部的には私的複製に見える行為(自分の所有物を自分が操作して自分が使用できるようにすること)が、サービス・プロバイダー側の内部の実装によっては著作権侵害になってしまうリスクが存在することは、やはり副作用が大きいと言わざるを得ないと思います。」

2011年6月 2日 (木)

サイバー攻撃にやられた?(TдT)

昨日Googleからこんなメール(写真)が

Image01

何を書いてあるのかさっぱり分かりません

この↓ニュースのサイバー攻撃と関係あるのでしょうか

--
Gメールにサイバー攻撃 中国起点とグーグル
全世界で2億人の利用者を持つとされる米インターネット大手グーグルによる電子メールサービス「Gメール」に対し、中国からサイバー攻撃が行なわれたことがわかり、グーグルが1日、同社ブログで発表した。
--

全文はこちら↓
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110602/its11060207280001-n1.htm

Google公式ブログはこちら↓
http://googleblog.blogspot.com/2011/06/ensuring-your-information-is-safe.html

そういえばこんなニュースもありましたね

--
米国防総省「サイバー攻撃は戦争行為」―軍事力対応も検討

【ワシントン】米国防総省は、コンピューター・ネットワークなどに対する他国からのサイバー攻撃について、戦争行為の要件を満たす可能性があるとの結論に達した。この見解により、この種の攻撃に対し、米国が通常の軍事力で対応することに道が開かれることになる。
--

全文はこちら↓
http://jp.wsj.com/US/node_243778

いずれにせよ日本の周りには危険な国がありますから十分気をつけなければなりません

自分を、家族を、大切な人を守るのは国民の義務だと思うのです

9jo

6月2日(木) 21:00より インターネットで《幸福実現TV》配信

ご存じない方もおられるのでお知らせします

幸福実現党では毎週木曜21時から

インターネットの生放送で時事問題についての見解や党の政策を発表しております

本日は

小島一郎幹事長代理と黒川白雲政調会長が

民主党が、震災のドサクサに紛れてコッソリ進めている超危険な「闇法案」

の是非を問います


パソコンをお持ちの方は↓をクリック

http://bit.ly/usthrp

より以前の記事一覧

つぶやき・かな?

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

I Love JAPAN