« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月16日 (水)

TPP芸者に騙されるな?!

TPP問題については書かないでいました


国家のポリシーなくして参加しても大した成果を得られると思えません、結局参加不参加どちらにしても大差なし、と考えてるわけです

それよりもっと大事なことがあります。この大不況からの脱出、失われた二十年の回復、国防、先の大震災の復興、、。

だから日本を奈落の底に落としかねない増税は何としても阻止しなければなりません

そのために政治家なら国会での議論、国民への訴えをすべきですし、国民はデモや署名を通じてその意思を表明するのがよいと思うのです


しかし、国会ではTPP論議、街ではTPP反対デモ、署名、、と肝心なことを放り出してTPPに傾倒していたように見えます

賛成派も反対派もまともな意見もありますが、いかがわしい意見がかなりありました、これで議論が混迷し長引くと予想されました。その間他のことがおろそかになるだろうと予想されました

結果どうなったかといえば、先の報道通り野田政権は恒久増税を決定しました。国民の幸福より財務省の省益を優先させたわけです


この天下の大愚作にヒョイヒョイと乗っかったのが自民・公明両党であり、それに対して何の反対もしなかったのが、メディア(特にネットメディア)でTPP議論をしていた評論家であり、街頭でTPPデモやら署名やらやってた人たちでした

彼らの働きによって国民はみごとにほんとうに大事なことから目をそらされてしまいました

特に評論家たちですね、TPP問題を口過ぎの手段にして稼いでいた人たち、もめればもめるほど儲かる人たち


彼らを名付けて「TPP芸者」



--
(芸)TPPで日本の農業は崩壊する→(私)農業従事者の平均年齢65歳、耕作放棄地も増加の一途、埼玉県の面積に等しい。放っておいても崩壊します。農業再生の道を示し、それにはTPPは障害になるから反対、ならよい。道を示さず反対するだけならそれは無責任

(芸)TPPで日本の医療保険制度が崩壊する。公的保険が民営化され医療負担が増える。貧乏人は医者にかかれなくなる→(私)今のままも公的医療保険は破綻します。それを防ぐために国は予算カットしたり、後発医薬品を広めたりコストカットに努めています。コストカットのしわ寄せはすでに現場にいってます、勤務医で残業100時間は珍しくなく、残業代も出ません。これはインターンも同じで時給に直すと高校生のバイト以下と試算する人もいます。破綻を防ぐ案として当然保険の一部民営化の案は出てきます。これはTPPがあろうとなかろうと出てくる問題でこの問題に解答を示さずしてただ不安を煽るのは無責任
--
等々。


この芸者たちに気を取られて多くの人たちが判断を誤ってしまいました

やるべきことをやらずに、そうでないことに時間と労力をたくさんたくさん使ってしまいました

こんなこと分かってたことなんですけどね。実に愚かであります


この愚かな「風潮」に流されず、本質を見抜き、行動していた唯一の政党が幸福実現党です

みなさま、この先見性ある政党、未来ビジョンを指し示すただ一つの政党・幸福実現党をご支援よろしくお願いします



posted by 管理人






2011年11月15日 (火)

おすすめヒーリング/瞑想Music1

最近のマイフェイバリットです


日本のヒーリングミュージシャンMARTHと

アメリカのニューエイジミュージックシーンを長年リードしてきた国際的バイオリニストのダニエル・コビアルカ


二人のコラボアルバムを二枚


Beyond Embracing Dreams(抱きし夢のかなたに)

http://www.amazon.com/dp/B001R329CQ
Embr


Beautiful World -Entwinement of Loves Oneness(愛はすべて)

http://www.amazon.com/dp/B001R2Z6V8/
Beauti



posted by 管理人





2011年11月10日 (木)

日本の教育に流れる「ソビエト教育学」の毒水②

【幸福実現News第26号 党員限定版】「被災地復興を梃子に日本の新たな成長を描け」が届きました

ここから「シリーズ日本再建7」を転載します

-----
8月20日、高崎経済大学教授で日本教育再生機構理事長でもある八木秀次氏を講師に招き幸福実現党の教育部会が開催された。

講義の一部を3回にわたり紙面掲載する。

[前号のあらすじ]戦後教育の背景には「ソビエト教育学」があり、これは日教組が依拠している教育理論でもある。戦後、GHQの指導の下に作られた日教組は、道徳教育に反対しており、そのツケがさまざまな社会問題として現れてきている。

日教組は都道府県ごとの組織の連合体であり、イデオロギーでいうと保守から左翼まで多様です。必ずしも全部が左翼的というわけではないのです。

数年前、現職大臣が「日教組の強いところは学力が低い」という発言をして問題になりました。この発言の趣旨は基本的には正しいのですが、少々、説明が不足していると言わざるを得ません。


学力の低い都道府県は?

日教組の組織率が高いところとして秋田県と福井県がありますが、両県の日教組は日の丸が大好きで、社会主義なんて大嫌いな先生たちの集まりです。

そのため、日教組の中央本部の出す運動方針にあまり従いません。ちなみに、秋田と福井の学力は高いです。

逆に、日教組の中央本部をコントロールしているような地域に、大分や北海道などがあります。こちらは社会主義、共産主義、もっと言えばマルクス・レーニン主義を信奉しているような組織です。そういう組織が牛耳っている地域は、学力が低いのです。

なお、東京、埼玉、大阪、和歌山、高知、このあたりは日教組ではなくて、共産党系の教職員組合である全教の力が極めて強いところです。全教が強いところは、日教組が強いところより、さらに学力が低いという傾向があります。


旧帝国大学系教育学部の実体

日教組の中でも左翼の人々は、マルクス・レーニン主義という冷戦時代の遺物のような思想を未だに信奉していますが、その最大の理由は、全国の国立大学教育学部の教員養成システムにあると考えます。

国立大学の経済学部、特に旧帝国大学の経済学部では、つい最近までマルクス主義経済学が主流でした。
「ということは、国立大学の教育学部でもマルクス主義が教えられていたのではないか。

そうでなければ、日本の学校の先生がこんなに赤く染まっているはずがない」2年前にそう思い立ち、調べ始めたところ、非常によく事情が分かりました。

国立大学の教育学部には二通りがあります。一つは戦前の師範学校を継承する教員養成系の教育学部です。もう一つは
旧帝大系の教育学部で、教員養成大学の指導者や研究者を養成するところです。つまり、旧帝大の教育学部で理論形成がなされているわけです。

旧帝大の教育学部ができたのは昭和24年以降で、GHQの意向により教員にはマルクス主義者が集められました。そして、この人たちが日教組講師団として、日教組の大会や教研集会に講師として派遣されました。彼らは日教組という権力と癒着して、教育界や教育行政に絶大な力をふるったのです。


戦後教育学を支配したソビエト教育学

戦後、国立大学の教育学部では、ロシア革命直後の教育理論である「ソビエト教育学」が金科玉条のように教えられました。

私も、2年前にこういう学問領域があることを知りました。
調査の手始めにインターネットの検索で「社会主義教育学」などと入れてみても、なかなかヒットしないので、「ソビエト教育学」という言葉を入れてみたら、ワーッとたくさん出てきたんです。そこからどういう本があるのか芋づる式に調べていって、おおよその全貌がつかめました。

ソビエト教育学者の名前は二人だけ知っておけば十分だと思います。
一人はロシア革命を起こしたレーニンの夫人であるクルプスカヤ、もう一人は、ほぼ同時代に活躍したマカレンコという男性です。

戦後の日本では、ソビエト教育学が非常に流行し、この二人については、選集や全集をはじめ、膨大な書物が刊行されています。また、1970年代には、「ソビエト教育科学」という雑誌まで出されていました。それだけ需要があったのです。

にもかかわらず、今はもう痕跡も残らないくらいに消えています。結構、調べてみたのですが、現在、国立大学の教育学部で「ソビエト教育学」を表看板に出している教員は一人もいません。

では、かつての研究者は何をしているのかというと、「比較教育学」に看板を掛け替えて、ソ連の教育と日本の教育を比較しているというわけです。マルクス経済学を研究していた人が、「比較経済学」と名乗っているのと同じです。

ソビエト教育学は、今なお、日本の教育界に強い影響を及ぼしています。現在、日教組やその関係の人たちが、いかにも「これが新しい考え方だ」と主張しているものがいろいろあります。ゆとり教育や総合学習、ジェンダーフリー教育、子どもの権利……。これらはすべて、ソビエト教育学にルーツがあります。一見、新しい顔をしているものも、その焼き直しにすぎないのです。

(以下次号)
-----


元サイトは↓こちら
http://www.hr-party.jp/new/2011/13875.html


posted by 管理人





2011年11月 9日 (水)

心の指針(83) 力をセーブする生き方

自分を伸ばそう、伸ばそうとして、

焦ってもがいていると、

予想に反して、

抵抗の風は強くなってくることがある。

そして、さらに、

勇気を出して断行しようとすると、

絶体絶命の窮地に立たされることもある。

馬力だけでは突破できない壁があるのだ。
Image01

そういう時、

ある種の人々は、自分が臆病になったかに感じる。

口数が減り、

どちらかというと無口になる。

そして、時折、

深沈と考え込んでいる姿が、

家族や友人に目撃される。

自分自身では、成長が止まったかに思われる。
Image02

だが、真実はその反対であることが多い。

他人の承認を求める心を捨て、

思慮深く、自分自身の心と向きあっているのだ。
Image03

自分自身が臆病になってきたな、と思う時、

ずいぶん慎重になってきたな、と感じる時、

魂が成長していることが、ままあるのだ。


無理をしないで、

力をセーブする生き方がわかった人が、

継続的な勝利を手にすることができるのだ。
Image04




(幸福の科学公式サイトの「心の指針」より)




2011年11月 8日 (火)

幸福の科学の英語教材はスゴイぞ

私がつくった英語教材をマスターするレベルまで行くと、


アイビーリーグの大学に入るのに必要な百点のレベルまで突破できるんですが、


それは、日本の他の学校では絶対に教えられないレベルだと思います。


当会の英語教材(*)は、あのレベルを突破するあたりの英語力を身につけるために、つくり上げてあるんです。




「幸福の科学学園の未来型教育」より

51ngub9pbol_sl500_aa300_

(*)幸福の科学の支部・精舎で入手できます





2011年11月 5日 (土)

さすがです。違いますね

財務省の走狗となり増税をひたすら進める野田亡国政権

建前は賛成はしないものの、ホンネは増税大好きで亡国政権を後押しする、谷垣自民

これは彼らに対する明確なアンチテーゼです

とにかく国民第一、国民の幸福が第一なんです

写真は本日の産経新聞に掲載された意見広告

ぜひまだ知らない方にお伝え下さい

20111105

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

つぶやき・かな?

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

I Love JAPAN