« 国への尊敬を失った大人たちへ | トップページ | 日本の反核運動=中国の核兵器応援運動 »

2011年9月14日 (水)

ホッブズ、ロック、ルソーも無神論者の人権は認めていなかった

幸福実現NEWS24号

シリーズ日本再建5 本当の人権の話

より一部転載します


--
教育評論家 森口朗氏に聞く


「人権」とは、17 18世紀のヨーロッパでホッブズやロック、ルソーといった社会契約説を唱えた人たちが持ち出した概念です。


信仰なくして人権は成り立たない


当時のヨーロッパはキリスト教社会で、「人間は神によってつくられた存在である」というのがキリスト教の大前提です。

だからこそ、人間には他の動物とは違った尊いものが与えられていて、それが人権であるというのが基本となる考え方です。

ですから、人権という概念を考えるときには、必ず人間よりも上位の存在、つまり「人をつくり給うた者」を想定しないと、「なぜ人間には人権が与えられているのか」という論理的な説明が成り立たないんですね。

実際、ホッブズ、ロック、ルソーの三者ともに、無神論者は社会から排除することを主張しており、事実上、人権を認めていません。

キリスト教的な「神」、「神からつくられた人」、そして「人に与えられた人権」。この考え方に基づいて1776年に建国されたのがアメリカ合衆国です。

「アメリカ独立宣言」の前文には、信仰あってこその人権であることがうたわれています。


フランス革命に見る神なき人権の恐ろしさ


そしてアメリカ建国に遅れること13年、1789年にフランスで革命が起こりました。フランス革命といえば「人権宣言」が有名ですが、これは非常に変わったメンタリティーの中でつくられたものなんです。

フランス革命はキリスト教会に対するアンチテーゼという形をとっており、革命政権はキリスト教の神を否定しました。

しかし、人より上の存在がないと人権が論理的に成り立たないがために、彼らは「最高存在」というものを発明し、それを信仰しようとしたんです。

アメリカ建国と異なり、信仰を否定したフランス革命では、当然のことながら宗教弾圧が起きました。教会財産は没収。反革命容疑者1万5千人が数日のうちに処刑されたり、信仰心の篤い人々が内戦を起こし、40万人の死者が出たりしました。

やがて、処刑への恐怖から誰も権力者に逆らわなくなると、独裁政治が敷かれるに至りました。
そこでは「プレリアール法」というものがつくられ、「すべての市民は反革命分子をとらえ、治安判事の前に彼らを連れてくるための権限を与えられる。反革命的行為を発見したものは、直ちにそれを非難することを求められる」ことになりました。

誰もがスパイのように、「コイツは国民会議の悪口を言っていた」などと報告しなくてはいけなくなったのです。かつてのソ連や東ドイツでもそうでしたが、恐怖政治が行われるときには、必ずそういうメンタリティーが出てきます。

こうしたフランス革命政権のありようから、神なき人権の恐ろしさが見てとれるのではないかと思います。


日本の人権論の誤り


翻って、現代日本の人権論を見ていきましょう。
戦後民主主義思想の下、日本では、神や仏という人間より上位の存在が否定されたため、人権と信仰がセットになっていません。

しかも、無神論者である左翼の人々が人権派と呼ばれたりするのです。
彼らは「日本国憲法に書いてあるから、人は人権を認められる」という言い方をしますが、そんな論理がまかり通るのならば、憲法を変えてしまえば人権停止ができるわけです。

しかし、憲法はあくまでも人権を守るための強力な手段にすぎないのであって、憲法から人権が生まれるわけではありません。

本来、人権において最も重要なのは、「信仰の自由」「思想良心の自由」「言論活動の自由」であり、それに「経済活動の自由」が続きます。

ところが、神なき人権の下では、人権の比重というものが見えてきません。
宗教を否定する日本の教育現場では、そもそも人間に起因する権利が人権だとされます。

そのため、自分が傷ついたら、即「人権侵害」を訴えたり、「子供には遊ぶ権利がある」と主張するような、「小さな暴君」が生み出されていったのです。

つまり、無神論者が人権を振りかざしたことが、日本の戦後教育の最大の間違いだと言っていいでしょう。いじめや学力低下といった問題も、そこから派生したのです。
--


全文を希望の方はここをクリック

Hrpnews24_2


« 国への尊敬を失った大人たちへ | トップページ | 日本の反核運動=中国の核兵器応援運動 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 国への尊敬を失った大人たちへ | トップページ | 日本の反核運動=中国の核兵器応援運動 »

つぶやき・かな?

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

I Love JAPAN