« 瞑想用音楽1 | トップページ | 心の指針(82) 新聞の功罪 »

2011年9月27日 (火)

瞑想用音楽2

(前回より続き)


前回は瞑想もどきと瞑想は違うと書きました

プロ野球と草野球くらいの差でしょうか。それほどの違いがあります

とはいえ、草野球でもやれば気持ちがよいし、身体も強くなるのと同じように、本格的とまではいかなくても、「瞑想」にはストレス軽減など様々な効果が報告されています

難しいことは後にしてまず慣れることが大切かと思います


すでに多くのかたが書かれていることは省略するとして、あまり書かれていないことを書くとします

音楽をかける効果の一つとして雑念に思いが行かないようにするというのがあります

よい意味で気を散らすわけです。心を落ち着かせるときには腹式呼吸でゆっくりと呼吸し、吐く息吸う息に意識を集中させるといいます

同時に吐く息吸う息に合わせて数を数えます。もちろん心の中でですが。雑念が浮かばないようにするためです

数え方は、吸ってひとーつ、吐いてふたーつ、でも吐いてひとーつ、吸ってふたーつ、でもどちらでもよいのですが、幾つまで数えるかといえば、幾つでもよいです

吸ってひとーつ、吐いてふたーつ、を繰り返してもよいし、十まで数えたらまた一に戻って数えてもよいです。日本語は十以上は頭に「じゅう」や「にじゅう」が付くだけなのでだんだんソラで数えられるようになると意識の集中効果が薄れてきます。英語なら20まででしょうか(母国語じゃないのでよく分かりません(;´∀`))


要するにその人が集中できればいいんです。

さらに300でも400でもいいですから逆から数えるという方法もあります

普段使わないような記憶領域を使って数えるので、雑念に意識がかなり行きにくくなるんです


なかなか集中できないときはそういう方法もよいと思います


さらにここで音楽をかけて、特に好きな曲の場合ですね、そちらに聴覚の意識が向かえば、雑念をさらに遠ざけることができます

ここで高次元に通じた音楽ならさらに心が高き世界に翔ける助けとなるでしょう

ではどのような音楽がよいでしょうか、それは次回に




« 瞑想用音楽1 | トップページ | 心の指針(82) 新聞の功罪 »

心と体」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 瞑想用音楽1 | トップページ | 心の指針(82) 新聞の功罪 »

つぶやき・かな?

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

I Love JAPAN