« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

【号外】この人に日本を任せて大丈夫?!

Konohitoni2

詳しくはここ↓を見て!
http://www.hr-party.jp/new/2011/10113.html

なぜ、増税にこだわるのか?
国を守る気概はあるのか?

が分かります

posted by 管理人

夏目漱石にも嫌われた野田総理

野だは大嫌いだ。


こんな奴は沢庵石をつけて海の底へ沈めちまう方が日本のためだ。


赤シャツは声が気に食わない


夏目漱石「坊っちゃん」より




2011年8月30日 (火)

「野田になったら日本がつぶれるから」と

いう民主党議員は、10人に聞いて4~5人はいますね。(宇田川敬介)

藤川:半分ぐらい。

宇田川:野田には絶対しちゃいけない、と。

小島:それは皆さん、どのあたりがその確信になるわけですか。

……

うむっ( `_ゝ´)これはどういうことだ?


この続きが気になる方はこちら↓で

http://www.hr-party.jp/new/2011/9977.html/4


posted by 管理人



2011年8月29日 (月)

今週のSAPIOもやはり…

この表紙の写真を見て、どこかで見た企画だと思いませんか?
Sapio2


そうですね

去年の6月発刊の「景気回復法」
Keikikaihuku

同じく8月発刊の「救国の秘策」から持ってきたぽいですよねhappy01
Kyukoku


このような現象

今年になって増えてきましたね

雑誌の特集といい、

民主党の政策といい、自民党の政策といい

幸福実現党の提案なくしては先を示せなくなってきています

幸福実現党がオピニオンリーダーであることを、政治家やマスコミは知っています

もうしばらくすれば、一般の方々も気づき始めるでしょう

posted by 管理人





H0273_1

H0289_1

2011年8月26日 (金)

未来は創造することができる

未来社会は、あなたがたの信仰の上に築かれます。

エル・カンターレを信じよ。

さすれば、あなたがたの未来社会が開けてくるのです。


H0299





H0299_1

YouTubeにCC(字幕)を追加する

メモ


on/offできる字幕(closed caption)の登録方法


連番(改行)
hh:mm:ss,ms半角スペース-->半角スペースhh:mm:ss,ms(改行)
*******(←字幕)
(改行)


という書式でメモ帳など適当なエディタで作成し、拡張子srtで保存します


-----


0
00:00:00,500 --> 00:00:08,000
Interview with guardian spirit
of Barack Obama

1
00:00:09,000 --> 00:00:25,000
I abandon Japan,and I choose Chaina

2
00:00:26,000 --> 00:00:40,000
Japanese people are sneaky people.I hate them


-----


最初のは0.500秒~8.000秒まで"Interview with guardian spirit of Barack Obama"という字幕を表示するという意味です

次は9.000秒~25.000秒までの表示、

その次は26.000秒~40.000秒までの表示です



YouTube編集画面から「キャプションと字幕」→「新しいキャプション/字幕を追加」で上で作成したテキストファイルを指定しアップロードします


以上


posted by 管理人





2011年8月25日 (木)

不可能が可能になる時代

私は世界最大の霊能者です


みなさんの信仰心が立ち上がりさえすれば


あらゆる奇跡が起きはじめます


H0300





H0300_2

2011年8月21日 (日)

カセットテープをデジタル化(mp3,wav)

基本的にCD化されているものならば買い直すか、レンタル屋で借りてくればよいだけです

が、カセットテープに入っている自分の歌をデジタル音楽プレーヤー(ipodやwalkmanなど)で聞けるようにしたい場合は自分でデジタル化するしかありません


必要なもの

ハード

パソコン
デジタルオーディオプロセッサー(ノイズ低減のため。自分はONKYOのSE-U33GXを使っています)
カセットデッキなど(ピンジャック(RCA)の出力端子のあるものが便利)

(デジタルオーディオプロセッサーを経由せずに直接デッキからPCに入れてみたら雑音だらけになってしまいました)

ソフト

音声波形編集ソフト

デジタルオーディオプロセッサーに付属していた編集ソフトDigiOn Sound5 L.E.を使いました
(SoundEngine Freeではこのデバイス(音源)を認識しませんでした)

もう一つmp3編集ソフトmp3DirectCutも使いました。これはDigiOn Sound5 L.E.にはないファイル分割保存機能を使うのためです。通常の編集は付属の編集ソフトだけで十分です


方法

デッキとデジタルオーディオプロセッサーとPCをつなぎ、編集ソフトを起動させます

ステレオにする必要のないものはモノラル設定にしてファイル容量を節約します

デッキは一回だけのリバースに設定、編集ソフトはタイマーで録音時間を指定。これで止め忘れてもずっと録音し続けるのを防ぎます

デッキで再生して、編集ソフトで録音開始します

録音が終わったら、編集ソフトでA面B面の無音部分などをカットします(mp3に変換後にmp3編集ソフトで編集してもよい)

編集ソフトでmp3に変換します。bitrateなどもこのソフトで指定できます

編集後のmp3ファイルをmp3DirectCutで読み込み、自動分割(自動cueという)を10分ごとに指定して分割保存します

すると55分のファイルなら10分のファイルが5つと5分のファイルが1つに分割されて保存されます

ファイルを分割するのは1ファイルだと途中から聞いたりするのに不便だからです。自動分割がいやなら自分で分割点を指定して分割保存します

このときファイル名は元ファイル+連番で自動付与されます

これをiTunesに登録してiPod/iPhoneと同期させればOK

ファイル情報(曲名、アルバム名、アーティスト名等)はiTunesで一つ一つ手打ちにしてもよいですが、大量の場合はmp3のタグを一括編集できるソフトを使用します

以上簡単ですからやってみてください


posted by 管理人


ps.デッキはTEACのW-790Rというのを使ってるんですが、「高機能」の割に安かったので買ってみました

モーターが弱いのかすぐに止まり、リバースされちゃいます。そしてテープの初めの方はノロノロ再生

メーカーに2度ほど見てもらっても「異状なし」とのことですがウォークマンでもカーステレオでも普通に再生できるカセットがこの製品ではそのように再生されません

安くて品質が良い、やはり、そんな旨い話はありませんね


(この日記は数年前の日記を別サイトより転載しました。ソフトおよびハードの評価は当時のものです)


2011年8月20日 (土)

脱原発を進める悪魔の本音に迫る および週刊朝日編集部の本音

脱原発を指導しているのはやはりアレでした

イエスキリストを荒野で四十日四十夜試みに遭わせたベルベゼフという悪魔です

キリスト教では悪魔の世界のナンバーツーとされています

その悪魔の本音が明かされました

一部ですが引用します

(以下ベと記述)   


ベ    菅は俺の手玉よ

-    手玉ですか。菅のなかにも、あなたのインスピレーションが入っている?

ベ    入っているよ。脱原発っつうのは、オレがやってやったんだよ。

-    あれだけ、肚が据わってきたというか、厚顔無恥になってきたのは、あなたが入ったからですか。

ベ    おう。菅はこれから帝王になるぞ。

H0329


さらに週刊朝日編集部の記者・藤田知也氏と編集長・河畠大四氏の潜在意識にもアクセスしてみました


藤田    菅政権をつくったのは「朝日」であるからして、「何とか、菅が逃げられるように、うまくしてやりたい」と思っているんだけども、攻め方としては、幸福の科学の攻め方がいちばんきついからねえ。だから、これに、ちょっと"鈍り"を入れる。

藤田    私は、別に、あんたがたを潰そうと思っているわけじゃないんだけど、「菅を追求できるような立場でないんでないの?自分とこの台所が火事になってますから、そちらのほうを火消しされたらどうですか」と、"良心的"な忠告をしようかなあと思ってるわけだ。

藤田    「追及の手を緩めるようにさせて、菅をもうちょっと、二年ぐらい生き延びられるようにしてやろう」というのが、朝日の方針だ。

藤田    論説主幹が、菅政権の脱原発のほうと組んで、延命させようとしてるから、まあ、「社長も知ってる」ということだわなあ。


-    「脱原発」に反対する幸福の科学が邪魔だという理由で、当会を叩くほうに、今、力を入れているということですか。

河畠    自民党政権にまた戻されるのは面白くないだろう。せっかくさあ、マスコミの力を見せつけたんだから。マスコミの威光に逆らっては政治じゃ勝てないことを見せつけたんだからさあ。あんたがたは、今、はっきりいえば、「マスコミが間違っていた」ということを証明しようとしているじゃないか。

河畠    だろう?「マスコミが間違っていた」ということは、そのいちばんのリーダーは朝日であるからして、「朝日新聞が間違っていた」っていうことを証明しようとしているし、最近の大川総裁の著書のなかにも、朝日新聞を批判している箇所がちらちらと見えるのでね。そろそろ狙い始めているかなとは思ってる。だからこちらも牽制球を投げとく必要はあるかなあと…

河畠    原発を止めて、調査をし、セシウムだのなんじゃ、いろいろ調べてだね、それから、節電にも励み、国民全体が統制をかけられてだね、その国家統制下で、今、改善を図ろうとし、脱原発世界を目指して、この国を変えていこうとしているわけだ。クリーンエネルギーのなかで、まあ、やろうとしているわけで、それを、朝日が主導権を握ってやると…

-    「わざわざ恐怖をつくり、それで、脱原発をやる」というシナリオでしょう?

-    恐怖心を煽ったのはマスコミですし、特に、あえて言わせていだただければ、あなたたちではないですか。

河畠    マスコミっていうのはね、正体はないんだから、うちがやっただけでなく、みんなやってるわけだから…

-    いやいや、「週刊朝日」さんは、やはり突出していますし、何しろ、河畠編集長ご自身が、「放射能という悪魔」と言っています。「見えない悪魔が、今、ばら撒かれている」とでもいうように、国民を恐怖に陥れているのは、「週刊朝日」であり、河畠編集長ではないですか。

-    朝日グループさんは、東日本大震災勃発直後から、「放射能がやって来る」とか、「放射能は悪魔だ」とか、「その肉食べて大丈夫?」とか、もう、とにかく、恐怖心を煽り続けています。

河畠    うん、まあ、それは、農家にとっては気の毒かと思うが、その農家を守り続けていたのは自民党だし、原発推進も自民党の基本的な方針だったしな。

河畠    今、一年で終わりにさせようとしている管政権をできるだけ日持ちさせて、恩を売っといて、「マスコミには政権をどうにでもできる力があるんだ」と見せつけることで、もし、次に、まあ、これも潰れる可能性が高いと思うが、自民党政権になったとしても、自民党も、「マスコミの力はたいへんなものだから、もう、言うことを聞かざるをえない」ということになって、「マスコミの判子を取れないかぎり、自民党だって首相にはなれない」ということが決まるわけよ。

河畠    つまり、これは、権力闘争だからしてね。


2011年7月27日収録





2011年8月19日 (金)

次々と明かされてくる衝撃の事実-朝日の「守護神」

『「週刊新潮」に巣くう悪魔の研究』と本書を併せて読めば、砂上に建つ戦後マスコミ民主主義に警鐘を鳴らすことも、立派に、救世事業の一環であることがわかる。


H0329


この本自体が、「宗教が世を照らす公益事業である」ことを証明して余りあるものとなっているだろう。





2011年8月17日 (水)

五山送り火のセシウムはヤラセ?

批判が多く寄せられた被災地松の使用中止問題は、結局「当初の予定通り」被災地のまきを使わないことで決着しましたね

これ超あやしいと思いませんか?

報道によれば「放射能汚染をめぐる懸念の声が市民から多数寄せられた」とあります

原発の燃料棒を燃やすのならいざ知らず、被災地の松から極々少量の放射性物質が検出されたという理由で「多数の市民」が電話してくるものでしょうか?

これは本当に怪しいですよ。しかも京都といえば、左翼系首長を数多く輩出してきた歴史を持つ地域であり、仏教系の大学ですら左翼の唯物論教授が跋扈し暗黒思想を垂れ流しているところもあると聞いています

この被災地松のセシウム騒動は、原発に反対する左翼勢力が放射能への恐怖を煽るためにしくんだヤラセではないでしょうか?放射性物質はどれほど微量であっても危険だという嘘を多くの人に焼き付けるための洗脳工作ではないか?と思うのです

ちなみに金沢では、毎年、放射能の本場中国から黄砂に乗ってセシウムがやってきます。今年は、福島原発事故由来のセシウムの約70倍もの量が飛んできました

核実験から30年以上経ってこれだけですから、70年代はどのくらい大量に日本に降っていたのでしょうか。当時、(比較的大陸に近い)西日本の大気には福島原発事故前と較べて数千倍~一万倍の放射性物質が含まれていたという説もあります

今回大騒ぎした左翼の人達はこの当時どこでどうしてたのでしょうか。彼らの言うとおりなら今頃京都でも、ものすごい健康被害が出ているはずですが、中国様には抗議しないのでしょうか?

この大文字の騒動で、脱原発=左翼のヤラセが明るみに出たことは、それなりに意義があったと思いました


posted by 管理人



(参考)北國新聞 ホッとニュース 【7月6日】より一部引用します

-----
黄砂に乗って微量セシウム 石川県保健環境センター調査「人体に影響なし」

 大陸由来の放射性セシウムが黄砂とともに日本に運ばれ、春先の石川県内にも降下していることが、5日までの石川県保健環境センターの調査で分かった。検出されたセシウムは微量で、1980年代以前の核実験で発生したと考えられる。実験から30年以上が経過していることから、専門家は「健康への影響は極めて小さい」としている。

 東日本大震災による福島第一原発事故に伴い、県内で3月21日~4月4日に確認されたセシウムと比較すると、1日当たりでは約71倍に当たるが、同センターは人体に影響がある値ではないとしている。
-----

全文はこちら↓
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/HT20110706401.htm




2011年8月12日 (金)

辞世の句-善川三朗の霊言より

よしこのの 踊りも舞えず 涅槃かな

Yoshikawa2


生まれ生まれ 死に死んで 輪廻の旅は続くかな






2011年8月11日 (木)

出ました!日経新聞全面広告

本当に日本の未来を考えているからできるんです

Nikkei

他党も見習って!

http://www.hr-party.jp/new/2011/9177.html

2011年8月 9日 (火)

脱原発5つの間違い

幸福実現News最新号が届きました

相変わらず放射能の恐怖を煽るだけのマスコミ(国家破壊者:菅直人と同通)

それに対して「間違ってる」と正面から指摘し、全国で言論戦を展開しているのは幸福実現党ただ一つです

【幸福実現News第23号】より転載します

元記事はこちら
http://www.hr-party.jp/new/2011/8865.html



1.自然エネルギーは原子力の代替にはなりません!

風力発電や太陽光発電などの自然エネルギーが2009年度の発電に占めるシェアは1%にすぎません(大規模水力発電を除く)。

とりわけ天候に左右される太陽光や風力は発電量が不安定なため、基幹エネルギーにはなりえません。 また原子力発電所(100万キロワット)1基分の出力を太陽光で代替しようとすると、約58平方キロメートル(=山手線の内側とほぼ同じ面積)もの広大な敷地が必要になります。風力で代替する場合は、約214平方キロメートルもの敷地を要します。

なお、太陽光と原発には設備利用率で約6倍の開きがあるため(太陽光=約12%、原発=約70%)、これを加味すると、太陽光で原発の電気を代替するには、山手線面積の約6倍の敷地が必要になります。


2.節電で国民の健康は害され日本経済は沈没!

猛暑の最中、節電は国民の生命、健康に直結します。総務省消防庁の取りまとめでは、5月末から7月24日までの熱中症による救急搬送は、累計で2万2千人以上に及んでいます。これは昨年同時期の約1・4倍です。

また、産業界も原発停止で大打撃を被ります。経済産業省の試算では、原発停止分をすべて火力発電で代替した場合のコスト増は今年度で1・4兆円、それ以降、1年間すべての原発が停止すると、年間3兆円超にも及びます。また各産業での電力コスト増は中間生産物の生産コストを押し上げ、年間7・6兆円の生産コスト増をもたらします。

電力供給不安やコスト上昇で企業の海外移転の動きが加速しています。経産省が5月、大手製造業に行った緊急アンケート調査では、約7割がサプライチェーン全体又は一部の海外移転が加速する可能性があると回答するほどです。

大企業の海外移転が進めば、下請けの中小・零細企業への影響は大きく、失業者の増大は避けられません。電力供給不安は社会不安を招くのです。


3.原子力は「エネルギー安全保障」の要!

ドイツ、イタリア、スイスなど原発廃止の方針を決定した国もあります。しかし、こうした国々は、陸続きで電力供給余力のある「原発大国」フランスからの電力融通を受けることが可能です。また、ドイツには豊富な石炭資源があります。

一方、四方を海に囲まれた日本では、電力輸入は不可能です。日本のエネルギー自給率は原発を除けば4%と極めて低く、原子力を減らせば、その分、天然ガスや石炭、石油などの化石燃料を大量に輸入しなければなりません。

しかし中東やシーレーンは情勢が不安定なため、化石燃料による火力発電への依存を高めると、エネルギー供給は危なくなります。

こうしたリスクを考えると、少量のウランから大量のエネルギーを生み出せる原子力の利用は、今後とも日本の持続的発展のためには不可欠なのです。

また、東アジアの安全保障環境が厳しい中、わが国が原子力発電所を稼動させていること自体が、核保有国に対し、潜在的な核抑止力として機能していることも見逃してはなりません。


4.低レベルの放射線を恐れる必要はありません

専門家の現地調査では、福島の放射能は健康被害が起きないレベルだとされています。詳しくは3面をご覧ください。


5.原子力発電の安全性を高めるのが日本の使命!

新興国の経済発展により、世界のエネルギー需要は高まる一方です。福島原発の事故があっても、中国やインドなどは原発推進の立場を変えていません。

わが国が果たすべき使命は、今回の事故を教訓に、長年にわたり培った原子力技術をよりいっそう高め、世界一安全な原発モデルを提供していくことにあるのです。



posted by 管理人





2011年8月 8日 (月)

日本の神々のルーツがここに

地球人類の始原と宇宙創世の秘密に迫る本書は、貴重な『シークレット・ドクトリン』の一冊であろう。

H0326

他の本も併行して読み進めていけば、すべての宗教を超えた、根源なる「何か」の意志を読み解くことも可能だろう。





2011年8月 7日 (日)

女神イシスの正体とは

H0325

天照大神とイシスの縁、また、女神の要件などが述べられた本書は、まことに人類史上、貴重な一冊といえるだろう。





2011年8月 6日 (土)

今年も順調。緑のカーテン

今年もゴーヤを植えてあります。青々と繁っています(^_^)

2

実も採れました。長く色が薄いのですが、こんな品種なのでしょうか?CDと並べてみました

ゴーヤーチャンプルにして食べました。苦味は薄かったです

1

posted by 管理人



2011年8月 3日 (水)

子供は「言葉」で変わる

[いじめから子供を守ろう! メールマガジン]☆2011年8月3日☆
より転載します

■□子供は「言葉」で変わる□■

 8月にはいりました。
文科省から、「

児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」の結果が公表される季節でもあります。
 昨年は、9月14日に公表されましたが、22年度のいじめはどうであったのか気になります。
 文科省の発表がありましたら、サポーターの皆様には、
このメルマガを通してご連絡させていただきたいと思っております

 7月には、いじめ加害者になってしまった保護者の方からのご相談が何件か続きました。
加害者となった場合は、被害者の子、その親御さんに心から謝罪し、2度としないようにしていくしかないのですが、
親としては、加害者となってしまったことは大変なショックです。
まさか自分の子がそんなことをしているとは信じがたいというところが本音でしょう。
「うちの子はおとなくして友達も少ないのに」
「子供に聞いても何も言わないんです」
「家ではとても良い子なので、間違いだと思うのですがどうしたらいいですか」などなど。

 それぞれのお宅で多少事情は違うようにも聞こえるのですが、共通点もあるようにも感じました。
それを一言で言うと、「親子のコミュニケーションが取れていない」ということです。

 「そんな簡単に片づけるな」というご批判もあろうかとは思いますが、
コミュニケーションがとれていないから、子供のストレス、悩みが理解できないでいるのです。
その結果、お子さんが他の子に対してストレスを発散したり、友達を独占したがったりしていました。
もっと手厳しく言うと、「親が自分のことしか考えていない」ことが問題の出発点にあるように感じられるのです。

 いじめを繰り返させないためには、白紙の心で、親子の在り方を見つめ直し
改めるべきところは改めるという決意をしなくてはなりません。

 コミュニケーションを上手にとる一番の方法は、「言葉をコントロール」することです。
具体的にどうすれば良いかということですが、今日は、幼児教育の先生からご紹介いただいた書籍をご紹介いたします。
「マンガでわかる 子どもが一週間で変わる 親の『この一言』」(波多野ミキ著 三笠書房)です。
とても手軽に読むことができる本です。

 第3章は、「反抗期」は才能が芽生えるチャンス!、
第4章では、この「叱り方」「ほめ方」が子どものやる気をグングン伸ばす!とあります。
ちょっと読んでみたくなりませんか。

 そして、私が、最も読んでいただきたい方は、学校の先生です。
「中学生、高校生には関係ないよなぁ」と思う先生もいらっしゃるでしょうが、そんなことはないはずです。
子どもに対して、正しい接し方ができていれば、被害者に「おまえが悪い」とか
「いじめに負けるな」「社会はもっと厳しいんだ」など被害生徒を傷つける言葉を出す先生はいなくなることでしょう
実際には、こんな言葉で生徒を傷つけている教師が少なくないのです。

 サポーターの皆様、読者の皆様、ぜひ身近にいる先生にこの本をご紹介していただきたいと思います
素晴らしい先生が増えることが、いじめ撲滅の早道です。

いじめから子供を守ろう!ネットワーク
井澤一明


☆★☆★☆★☆★☆
メール宛先 ⇒ kodomo@mamoro.org
電話番号 ⇒ 03-5719-2170

HP  http://mamoro.org/
BLOG http://mamoro.blog86.fc2.com/

掲示板 ⇒子供用 http://mamoro.org/kodomo/
⇒保護者用 http://mamoro.org/otona/

まぐまぐ ⇒ http://archive.mag2.com/0000226312/index.html
まぐまぐ携帯版 ⇒ http://mini.mag2.com/i/m/M0065147.html

【ビジュアル版】心の指針(80) 無能に対する焦り

1

2

3

4





2011年8月 2日 (火)

心の指針(80) 無能に対する焦り

若い人は、とかく不満をもちやすい。

自分の不幸の原因を、

親のせいにしたり、

兄弟姉妹のせいにしたり、

学校のせいにしたり、

社会制度のせいにしたりするものだ。

そうして、

荒れ狂ったり、

自傷行為にふけったり

犯罪行為にのめりこんだりする。


自己愛が強すぎるために、

あるいは、子供時代に甘やかされたために、

わがままになっているのが、

どうやらわからないらしい。


世間は厳しいものだ。

若者の持つ、不平不満や、

小さな不幸など、

利根川にこぼした一滴の酒、

程度にしか感じてはくれない。


若者よ、

自分に対する焦りを、

合理化しようとするな。

他人(ひと)のせいや社会のせいにするな。

自分がアリとキリギリスの、

キリギリスであったことに気づくことが、

まず、幸福への第一歩だ。


(幸福の科学公式サイトの「心の指針」より)




2011年8月 1日 (月)

戦後教育最大の間違いは「愛国心」を消したこと

この法話は、「セルフ・ヘルプと愛国心」ということですが、

やはり、戦後教育の最大の間違いは、愛国心のところを完全に消してしまったことでしょう。

つまり、「戦前の日本は、全部、駄目だった」というような価値観を植えつけたところです。

 

しかし、今の韓国を見ると、愛国心の教え方は戦前の日本と同じです。

戦前の日本は、あのような教え方をしていました。

また、最近の中国は、戦争中の日本とだいたい同じような愛国心の教え方をしています。

戦争中の日本では、「鬼畜米英」と言って、「敵国は、鬼や畜生だ」という教育をしていましたが、

中国では、そのくらいの愛国心をきちんと教えています。

 

そのような状況のなかで、日本が行っている平和教育は、そうとうボケた教育だと言わざるをえません。

 

基本的に、「国をよくすることは、よいことなのだ」という考え方を押さえておかないと、

子供たちの勉強においても、

「正当に努力していくことを認めるのが、正しい社会なのだ」というところにつながっていかないのです。


 

まずは、自分たちの国を理想的なものにしていくことです。


月刊「幸福の科学」2011年8月号「スペシャルメッセージ」より

見せないことで国民の判断する能力を奪うマスコミ

今の日本のマスコミは、「宗教を応援する報道はしない」「宗教に関しては、事件性があるもの以外は報道しない」という感じになっているね。


今年から幸福の科学で制作した映画をテレビで放送しているけど、テレビ局の人を説得するのに、私の説法がインドやネパールの国営放送などで生中継された様子をダイジェストにして見せたらしい。

彼らは、「え、本当に放映したんですか」と驚いたようだね、逆に、インドやネパールでは、日本の首相が一時間演説しても生放送では流してはくれないだろう。

でも、宗教家の説法だったら放映する価値があると思っているわけだから、ここに価値観の違いがある。

日本のマスコミは、宗教を事実上、悪に仕立てているところがあるね。

「見せない」「知らせない」ということによって、判断する能力を育てる機会を国民から奪っているために、日本人は宗教の善悪が分からない。

いい宗教というのは、人間性を高め、社会をよくしていくものだと、素直に考えることができないでいる。

でも、「人の命の大切さ」と言っても、根本に宗教的なものがなかったら、単なる空論にしかすぎない。

「人権」の本当の意味が分かるかどうか、という問題だね。

大川隆法


アー・ユー・ハッピー?  2011年9月号 「世界を見据える広い視野を持とう」より




« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

つぶやき・かな?

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

I Love JAPAN