« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月28日 (木)

法律の奥のさらに奥にある神の正義

(私は)政治に関しても、国際政治について分析するだけの力を持っていて、

分析力としては、現職の政治家よりもそうとうに鋭く、かなり深いところまで見ることができるのです。

 

例えば、2011年2月11日の建国記念の日には、産経新聞に「憲法九条」の解釈に関する大きな意見広告を載せました。

万一、他国から侵略を受けたときに、今の政府では、おそらく機能不全でどうしようもなくなると思ったからです。

 

その意見広告で打ち出した考え方は、「憲法の変遷」といわれるもので、

「憲法をつくったときの環境が時代とともに変わってきた場合、それに合わせて憲法が規定する内容も変わる」

というものです。

 

つまり、日本国憲法は、

その前文に照らせば、日本が「平和を愛する諸国民」に囲まれていることを前提につくられたものであるので、

それが、必ずしも平和を愛する国民ばかりではない国に囲まれる時代になったら、

当然、憲法も変わっていかなければならないということです。

 

本来、憲法というのは、「国民の生命・安全・財産」等を護るためにあるものです。

つまり、国を潰してしまうような憲法なら要りません。

当然ながら、憲法は生きていなければならないので、

そこに「憲法の変遷」という考え方が出てきて、

一定の解釈を加えていくことになるわけです。

 

憲法制定時には想定していなかったような侵略国家が出てきた場合には、

「憲法九条は、日本が侵略国家になることは、当然、認めていないけれども、

 国民を護ることを禁じているわけではない。

 前文に照らして、九条は、そのように解釈すべきである」

という政府の統一解釈を降ろせば、自衛隊も動けるようになるのです。

 

今の政府が続くと、万一のときには国民が非常な危険にさらされるので、

宗教家のほうから憲法解釈についての意見を述べたわけです。

憲法学者で、こういうことを言える人など、まず一人もいません。

 

なぜ言えないかというと、

法律の勉強をしている人はたくさんいるでしょうが、

法律の奥にある法哲学の、さらにその奥にあるものを知らないからです。

それは「神の正義」なのです。

 

「『神の正義』に照らして、国際間の正義をどう考えるか」ということなので、

それについて意見を言える人がそれほどいるわけはないのです。

私は、そちらのほうから攻めているわけであり、宗教家として言うべきことを言っているのです。


月刊「幸福の科学」2011年7月号「スペシャルメッセージ」より

2011年7月23日 (土)

日本でもブラックアウト

中共国内で外国メディアが伝える、劉暁波氏へのノーベル平和賞授賞決定のニュースがブラックアウトしたことは記憶に新しいと思います

日本でも同じことが行われたのでは?と思える「事件」が一昨日起きました

(今のところは、まだ政府によってではなく、一企業によってですが)


それは、中共に3000ヶ所ある「抗日記念館」の展示内容のデタラメさ、南京事件のウソを伝えていたインターネットTV「歴史を曲げるな!~中国抗日教育の実態~ 」の放送中のことでした

話が核心に迫ろうとしていたとき、突然ブラックアウトしたのです

こんなことは今まで起きたことはありません


単なるトラブルならしかたないかもしれません

しかし、このインターネットTVのフレームを運営している企業の大株主に怪しいところがあるんですね

運営企業は米国の企業(U社)ですが筆頭株主は反日色の付いた日本の企業(以後S社)

U社の日本オフィスはS社の100%子会社の子会社です

S社の関係会社であるインターネットポータルサイトを運営するY社は反日、左翼色が強いと評判であり

北朝鮮批判を繰り返すY社ブログを強制削除するということも過去やっております

そのようなS社が筆頭株主になるとは先述のインターネットTVサービス企業にとっても日本国民にとっても残念なことです


S社のオーナーは悪魔・菅直人首相のブレーンをしており、自社のソーラー発電事業の電気を電力会社に高価強制買取させる法律を悪魔首相に通させるつもりでいます

脱原発解散を悪魔首相に吹き込んだのもS社のオーナーだと言われています

要するにズブズブの関係ということです


一昨日のブラックアウトも将来、民主党政府による表現規制の予行演習ではないかと思えるのです(違ってるかもしれませんが)

現に民主党はネット規制の法案を成立させようとしています(http://www.soumu.go.jp/main_content/000058204.pdf)

TV、ラジオ、インターネット番組が放送法に触れるようなことをしたと総務大臣が判断した場合、大臣が業務を停止する権限を持つという内容です


悪魔菅直人とズブズブ関係の政商が組むとき、自由と豊かさが着実にどんどんと失われていきます

しっかりとチェックしていかねばなりません



posted by 管理人





2011年7月22日 (金)

教師は総合学としての人間学を身につけよ

教育改革についても、

私は宗教家として言うべきことを言っています。

『教育の法』のなかには、

「学校の現状は、ここまで酷いのか」という、生の情報がそうとう入っています。

学校が一種の完全な自治区になっていて、外部からは手が出せない状態になっているのです。


例えば、同書には、

「いじめによって自殺した子がいても、

それを、完全犯罪、密室犯罪のように、完全に隠蔽できる組織が出来上がっている」

ということを書いてありますが、そういう組織が全国にあるわけです。


学校に子供を預けている親御さんとしては大変なことでしょうが、

子供自身も、十数年もの長い間、そういう環境のなかで教育を受けていると、そうとう影響は出てきます。


したがって、学校の先生というのは、単なる技術者であってはいけないと私は思います。

やはり、総合学としての人間学を身につけなければいけませんし、

その意味では、

幅広いバックグラウンドを持った宗教的価値観を身につけておくことが非常に大事だと思います。


とにかく、そういう先生がたが必要です。


また、今、子供たちに必要なのは、「セルフ・ヘルプの精神」です。


「バブルが崩壊し、ほかの国にも抜かれて」というように、日本が弱ってきている状況ですが、

やはり、ここでもう一度、自助論、「セルフ・ヘルプの精神」を復活させなければいけません。



月刊幸福の科学2011年7月号「セルフ・ヘルプと愛国心」より




2011年7月19日 (火)

私、空海は四国巡礼を禁じる

もし、巡礼したいのであれば、今度は、どうぞ、外国に行ってください。

シルクロードにでも行って、核実験地帯を"巡礼"してくだされば、よろしいのではないでしょうかね。


菅さん自身が人生を満行できているとは思えないので、「八十八箇所、回らなくて結構です」と言っておきたい。

要するに、「私、空海は四国巡礼を禁じる。それを破った場合には、何らかの天罰が落ちても知りませんよ」ということです。


弘法大師空海


公開霊言「もし空海が民主党政権を見たら何というか」より




2011年7月18日 (月)

セシウム牛ってなによ

矢ガモもおかしな言葉だったけど、このセシウム牛というのも変な言葉ですね

暫定基準値の1キログラム当たり500ベクレルの牛肉を毎日100g1年間食べ続けたらたらどうなるでしょうか

食品から摂取する放射線量が2%増加するんですね


えーっ普段より2%も多く摂っちゃうのそりゃ大変だ!

牛肉たべる量減らさなきゃ!

なんて言う人いませんよね普通は


それがマスコミに煽られると左翼だけじゃなく、ノンポリの人も、自称保守の人もワーワー騒ぎ出すのが不思議です


今回のセシウム問題をきっかけに食品のトラッキングがより早くより正確にできる研究が進むのはけっこうなことだと思います

しかし不安を煽って自分の飯の種にしている人たちのやってきたことが正当化されるわけではありません

それと悪代官と組んで一儲けいや百儲けしようという越後屋の野望も打ち砕かなければいけませんね


posted by 管理人





2011年7月17日 (日)

人類で唯一、大川隆法と対談したのは…

有名知事からも、一九九〇年に対談の打診がありましたが、私は、断っていますから。

某首相との面談も、断っていますが、立木秀学とは対談していますので(会場笑)。

渡部昇一さんが、「人類で唯一、大川隆法と対談したのは、私だ」と二〇年間、書き続けていたのですが、この前、初めて、娘と対談しました(会場笑)。それで、壁が破れたため、「そろそろ対談をしなければならないかな」と思っていました。

しかし、私は、何千人、何万人の前で説法している人間です。対談すると、相手がだいたい私と同格という扱いになりますので、いろいろな人と会って対談するというのは、あまり望ましくないと思い、対談をしないようにしていたのです。

私と対談をしたということは、あなたはほかの政党の党首よりも格上ということになりました。

これを背景に、いろいろ打ち破ってくだされば、ありがたいと思います。


大川隆法・立木秀学 公開対談「日本の未来はここにあり」より



posted by 管理人





   

2011年7月15日 (金)

太陽光発電でソーラーパネルは作れない

はい、太陽光発電は発電コストが高いため、それでソーラーパネルという工業製品をつくるとバカ高くなり国際競争力がないからです


ソーラーパネルをつくって外国に売り込める国は、韓国などの電力の安い国(≒原発の割合の高い国)に限られるんです



ですから太陽光発電の割合の高い国は太陽光パネルをつくれないわけです


これは太陽光パネルに限らず、工業製品全般にいえることです


○正義などに騙されないようにしたいものです



ちなみに鉄とガラスとカドミウムやシリコンでできた工業製品ソーラーパネルでつくった電気が自然エネルギーなのかどうかは疑問ですね


この原料なら古くなって廃棄するときは大変そうです



posted by 管理人




2011年7月14日 (木)

今週末は京都でいじまもセミナー

こういう機会を大切にしていただきたいです


いじまもブログより転載します


「いじめから子供を守ろう!ネットワーク」京滋主催
第2回 日本のみらい創造セミナー
7月16日(土)18時30分、京都市で開催!!


 不登校児と呼ばれる生徒は、現状に問題を感じた場合、ある意味で心が健全で純粋だからこそ、「正直な生き方」を貫いているのではないだろうか。真剣に物事を考えているからこそ、周りに流されない生き方を自ら選択してしまっているのではないだろうか。
 そのような生徒に対して大人がまずすべき事は、学校に無理やり連れて行く事ではなく、その生徒が何を考え、何を感じているのかを謙虚にもっとよく学ぶ事。彼らこそ未来を変える可能性を秘めている!
今回は、私達大人が、どうあるべきかを講師の多くの経験談を通して学びます。

「第2回 日本のみらい創造セミナー」
日時:平成23年7月16日(土)18時30分~20時30分
会場:京都市右京区ふれあい文化会館(住所:右京区太秦安井西裏町11-6)
アクセス:JR「花園駅」下車 300m

参加費:無 料 (どなたでも参加できます)

【第1部】 講演『不登校児にこそ可能性あり!』  
 講師: 松原恭正氏(学習塾経営)



昭和53年同志社大学法学部卒業後、塾の経営を手掛ける。直接指導した生徒は、1000人を越える、教育一筋の人生。その傍ら、学校などに教育指導及び教育コンサルティングを行い、不登校児を立ち直らせた実例は数知れない。学校をはじめ、PTAから大きな信頼を得ている。


【第2部】情報交換会


多くの方のご来場をお待ちしています!!


お問合せ先:

「いじめから子供を守ろう!ネットワーク」京滋
電話:080-4480-0177
メールアドレス:izimamo.kyoto4@gmail.com

京都担当:進藤


 

いじめHPバナー

2011年7月13日 (水)

日本の夏

踊る阿呆に見る阿呆


同じ阿呆なら踊らにゃ損々happy01



動画は7月7日聖地四国正心館での御生誕花火祭





2011年7月11日 (月)

宗派など関係ないんです

魂の救済に関して、幸福の科学は、宗派を問わず、すべての人々を救済することを目指しています。


実際インドに巡錫したときには、ジャイナ教徒やヒンズー教徒、仏教徒など、いろいろな人々が集まってきましたし、キリスト教国に巡錫したときにも、クリスチャンたちが集まってきて、真理にきちんと耳を傾けてくれました。


宗派など関係がないのです。そういうものは、この世の人間がつくった一種の組織の違いにしかすぎず、言ってまれば、会社の違いのようなものなのです。
つまり、「どの会社が正しくて、どの会社が間違っている」というようなものではないのです。

宗派の違いは、あくまでも地上の人間の住み分けの問題にすぎないため、幸福の科学は、すべての人々を救済の対象にしています。


したがって、今まで信仰していた宗教等で救われない人がいたら、亡くなったあとからでも構わないので、どうぞ、幸福の科学に救いを求めてください。

そして、大川隆法の名を呼んでください。

あるいは、エル・カンターレの名を呼んでくださっても結構です。

それが、現代においては阿弥陀如来の代わりになるものです。

その名を呼んでいただければ、救済の光は必ず降りてくるはずです。



『逆境の中の希望』「逆境の中の希望」より





2011年7月10日 (日)

われを信ずる者、百人あらば

今回は、不思議なことに、「津波が、当会の会員の多い所を避けていく」という現象が起きました。


例えば、その地域全体が津波にやられていても、信者が百三十人いる所だけはほとんど被害がなかったり、信者の家の周辺だけ、円を描くように、まったく被害のない空白地帯があったり、信者の家の玄関近くまで来た津波が、直前で反転していったりするなど、奇跡がいろいろ起きてきているのです。



私も、外部の人と会ったとき、今回の震災について、「会員さんの助かり方がすごいですね」という声をかなり聞きましたし、「今なら、銃弾を撃たれても、弾道がねじ曲がるのではないですか」というような、うれしいのかうれしくないのか分からないようなことも言われました。


会の外からは、そのように見えるぐらい、何か、時空間をねじ曲げる力が働き始めている感じがします。


『逆境の中の希望』「逆境の中の希望」より





幸福の科学が海外伝道を急ぐ理由

たとえ、この日本という国が、かつてのムーやアトランティスのような最期を迎えることがあったとしても、われわれは、この真理の種を、あるいは真理の火を、決して消してはならないのです。

この真理を世界の隅々にまで届けておくことによって、必ず、その火種が次の新しい時代を照らす光になることを希望し、今、急いで広げているのです。



この「急いで広げている」という状態は、事情を知らない人から見れば、ただ焦っているか、功名心に駆られているかのように見えるかもしれませんが、私の考えは、もっと深いところにあります。



この教えを世界の隅々にまで広げておいたならば、たとえ、どのような事態が起きても、例えば、戦争が起きたり、天変地異等があったりして、日本が壊滅的な被害を受けることがあっても、また別なところから真理の火が広がっていけると考えているのです。



『逆境の中の希望』「諸行無常の風に吹かれて」より




2011年7月 9日 (土)

やっぱり、日本に原発は必要だ!

ニッポン節電列島

 ことの発端は、5月6日の菅直人首相による浜岡原発の運転停止要請にあります。菅首相は、日本で最も厳しい安全基準のもとに運転されていた浜岡原発を、法的根拠もないままに止めてしまったのです。

 その後、起きたのは原発停止の〝菅製ドミノ倒し現象.。原発が定期検査に入ったまま再稼働できない状況に陥っており、このままでは、来年春にも国内54基のすべての原発が止まります。

 政府は「冷房の節約などによる節電」を呼びかけていますが、記録的猛暑となった昨年には及ばないものの、今年も暑くなる見込みです。昨年、熱中症による死者は過去最高の1718人に上り、対策として、冷房をつけるよう勧めていたことを覚えている方も多いことでしょう。お年寄りや幼児の健康が心配です。


電力供給に無策な菅首相は退陣を

 政府は今夏、東京電力及び東北電力管内の大口需要家に対して、強制力のある電力使用制限令を発動。違反した場合には1時間あたり100万円以下の罰金が科されます。原発停止による電力不足は全国に波及し、震災の被害を直接受けていない西日本の電力会社も、節電要請を行っています。

 電力供給不安で経済活動が全国的に落ち込めば、企業業績の悪化や産業の空洞化、雇用の喪失が深刻となり、日本経済に致命傷を与えかねません。

 今、政府が行うべきは、安全対策を徹底しつつ、原発の再稼働を推進し、十分な電力供給量を確保することです。電力供給に責任を取ろうとしない菅首相は、一日も早く退陣すべきです。


【幸福実現News第22号】「電力不足で“暑い夏”がやってくる」

より引用

Hituyou

2011年7月 8日 (金)

菅直人お遍路禁止

すごい本が出ますねえ

楽しみです

Sinkan2

2011年7月 7日 (木)

【ビジュアル版】心の指針(79) 幸福のしっぽ

Image01


Image02


Image03


Image04





新しき天地の始まり

大川隆法総裁先生

55回めのお誕生日

おめでとうございます

仏弟子一同

心よりお祝い申し上げます



本日の読売新聞にも案内が出てます

御覧ください



2011年7月 6日 (水)

【繁栄】最新政策の発表です【救国】

発表のたびに有識者の間で話題になる幸福実現党の主要政策

いままでも他の政党が後追いで真似してましたが

これがオリジナルです

オリジナルならではの「味と香り」(=国民への愛と智慧)を味わって下さい

http://www.hr-party.jp/inauguration/agenda01.html

3
4
5
6
7
8
9





日本は悪魔に乗っ取られた

現在の民主党にはたくさんの人がいるので、そのなかには立派な人が隠れているかもしれません。

しかし、はっきり言って、上層部の人たちには悪魔が入っているのです。

上層部の有名な人たちを霊視すると、ほとんどの人に悪魔の尻尾が見えています。


日本の国は悪魔に乗っ取られたのです。


このような悪魔の政権を断じて長続きさせるわけにはいきません。

「悪魔には、絶対にこの国を明け渡さない」という覚悟で、政治活動をしていかなければなりません。


(2009年11月4日説法)


『危機に立つ日本』 第4章収録







「中1英文法入門」講義 まえがき

中学1年生から40数年間、英語の勉強は続けてきた。

途中で何度も足が遠ざかりつつあった時もある。


しかし、若い頃、ニューヨークで実際に英語を使って仕事をしたもののひとりとして、英語が完全に分かりきらなかった「不全感」は残り続けた。


近年、国際伝道をするために外国人に直接英語で説法する必要に迫られ、再度勉強をし直した。


英会話は一定の時間繰り返すと上手になる。


しかし、英文法を再確認しないと、「不成仏感」がどうしても消えないのだ。


幸福の科学学園の中1生レベルを念頭においたが、一部、中2、中3、あるいは高校、大学教養学部レベル、社会人の英語にも食い込んだ。


未来の大鷲たちにも、わからないことに耐えて、何年も勉強を続けることの大切さを教えたいのだ。


講義録の大半は日本語で語られているので、そのうちわかるようになってくるだろう。


ご父兄の皆さんにも英文法復習の好テキストとなるだろう。



幸福の科学学園創立者 大川隆法





2011年7月 5日 (火)

特別無料公開

これはすごいレポートです


国民必見



「福島の住民に 健康被害は 起きない」 原発を救え! もはや危険地帯ではない 放射線量調査 独占レポート

http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=2274



■ 現地取材ダイジェスト


■ 福島での甲状腺がんのリスクは?


■ 「福島に放射性ヨウ素はもう存在しない」


■ 甲状腺がんのリスクは消滅


■ 「避難区域の生活再建を」


■ ふるさとを奪う「政治災害」を止めよ


posted by 管理人




2倍速、3倍速でDVDを視聴-音声あり

メモ


早送りすると音声が消えてしまうソフトが多いため(例InterVideo WinDVDは2倍速以上は音声無し、MediaPlayerClassicsは1倍以上は音声無しになる)これを使いました


ここ↓よりnave player(free版)をダウンロードしてインストール

http://www.seera.jp/NaveTheBK/archive/nvply0622_Limited.lzh


次にここ↓よりnave player for DVDをダウンロードして解凍

http://web.archive.org/web/20070627103842/http://www.seera.jp/NaveTheBK/nvdvd0112.lzh

nvplydvd.exeを先にインストールしたnvplayer.dllと同じホルダ内にコピーする

nvplydvd.exeを起動する

0.5倍~4倍で再生速度を変えられます


(注)再生できない場合はコーデックがインストールされていないと思われます

http://www.seera.jp/によれば

「コーデックが無くて再生できない!という方。参考としてですが開発環境では、K-Lite Mega Codec Pack (http://www.codecguide.com/download_mega.htm) を使用して再生の確認を行いました。インストール時の選択は「Profile: Playback only (without player) 指定, Tools を外す, Miscellaneousを外す」で問題ないかと。」

ということです


ボクは以前の日記で書いたコーデックを入れていたため上記2つのソフトで再生できました



posted by 管理人




2011年7月 4日 (月)

心の指針(79) 幸福のしっぽ

子猫がくるくると自分のしっぽを追いかけている。

みかねた年とった猫が、


「坊や、どうしたの。」とたずねた。


子猫は答えた。


「猫にとって一番大事なのは幸せで、


その幸せは、僕のしっぽだと気づいたんだ。


だから、しっぽをつかまえたいんだ。


そうしたら僕はきっと幸せになれるから。」



大きな猫は言った。


「私も若い頃は同じことを考えたわ。


でも悟ったの。


しっぽは追いかけると決まって逃げていく。


でも、自分のやるべきことをやっていると、


しっぽは私がどこかへ行っても、


必ずついてくるものなんだよ。」



このたとえ話の意味がわかるだろうか。


幸福とは、自分の外部にあるもの、


他人(ひと)がくれるものだと考えていると、


いくら追いかけても手に入らないものだ。


しかし、


自分の価値を自分の内部に発見する人は、


いつも幸福でいられるということだ。



奪うのではなく、すでに与えられていることを喜べ。


あなたの感情の選択が、


あなた自身を幸福にするのだ。



(幸福の科学公式サイトの「心の指針」より)





2011年7月 3日 (日)

最近UFOが多いですね

このまえ新宿でUFOフリートが目撃されて話題になりましたね。

動画に「初めて見た~」って目撃者の女の人の声が入っていて、あれが今、UFOファンの間でフィーチャーされています。

あの新鮮な感動が純粋で素晴らしいってUFOファンの間で高い評価を得ていますよ(笑)

『ザ・リバティ8月号』 「山口敏太郎のミステリー直言」より


あの動画が話題になったのは知ってましたが、それほど評価されてるとは知りませんでした





忙しい毎日の情報選択の「時間短縮」と「正しさのモノサシ」としてTheLibertywebを活用することはとても賢明な選択だと思います



posted by 管理人




2011年7月 2日 (土)

日本の神々の歴史を教える塾がある

大学の新入生に「日本はどういう国だと思うか?」と聞いたところ、「恥ずかしい国」「悪いことをしてきた国」「謝らなければならない歴史を持っている」とほとんどの学生が答えた。ここまで危機的なところまで来ている。

藤原正彦(お茶の水女子大名誉教授)『日本人の誇り』より



日本人が自分に自信を持てないのは、自虐史観教育の影響が大きいと思います。

学校の友人に、「日本にはこんな素晴らしいところがある」という話をしても、あまりピンとこないようなんです。

私は、サクセス№1で、日本の神々の歴史や近代日本を開いた明治維新の意義などについて勉強したので、日本に誇りを持つことができました。

でも、こうしたことを学ぶ機会がなかった友人たちは、「日本は悪いことをしたから、おとなしくしたほうがいいんじゃない?」といった感じなんですね。「事実を知っているか、いないか」で、自信の持ち方はだいぶ変わってくると思います。

大川咲也可(お茶の水女子大学生)『アー・ユー・ハッピー?』 8月号「世界に誇れる日本をつくろう」より



posted by 管理人


« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

つぶやき・かな?

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

I Love JAPAN