« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

生活保護のギネスに挑戦?大阪市

生活保護受給率が5.63%と全国一の大阪市(全国平均は1.57%)

なんと市民の18人に1人が受給者なのですが、今の平松市長(民主党・社民党推薦)はこの率をさらに上げるべく、といったら失礼かもしれませんが、上げるような方向に進もうとしてます

それは6月29日に開催された関西電力の株主総会で、平松市長が脱原発を訴えたそうです

元記事は↓こちら
http://www.city.osaka.lg.jp/kankyo/page/0000131068.html

性急に脱原発なんてやったら、コストアップ、企業の利益減少、ボーナス減、生産縮小、リストラ、移転等で失業者が増大すること間違いないでしょう


生活保護率世界一でも目指すつもりでしょうか?


ボク好きじゃないんですよね、この人や橋下知事みたいに、その時その時でワイドショー受けするようなことばかり言うのは

歴史観や国家観などどうでもよいように見えてた人(たぶん今でも関心無いと思います)が、なぜか、君が代日の丸条例作ったりして。不思議ですね


このギネスへの夢は早く諦めてほしいと願う次第です



posted by 管理人




2011年6月25日 (土)

アテルイ知ってるよ

今日、仏法真理塾「サクセス№1」で保護者の方と一緒に「中学校教科書の問題点」(先日の日記参照)を読みました


その時の様子です

保護者「何この"チャンチェシーって"?"しょうかいせき"と読まないの?」

高一生「えっ、チャンチェシーと読まないの?」

保護者「蒋介石は"しょうかいせき"でしょ」

高一生「お母さんの時代はそう読んだの?」

保護者「チャンチェシーなんて言っても誰も分からないわよ」


今の教科書に載っている有名人のリストを見て

高一生「アテルイ知ってる。習ったよ」

保護者「アテルイって誰?」

高一生「東北の人で戦いに負けて、命乞いをしたのに大和朝廷に殺されちゃったんだって」

高一生「シャクシャインも習ったよ」

保護者「シャクシャインって誰?」

ボク「大和人と戦ったアイヌの大将だよ」

高一生「李舜臣も知ってる。安重根も」

保護者「……」


日本の偉人名を見ながら

保護者「東郷平八郎は?」

高一生「知らない」

保護者「乃木希典は?」

高一生「知らない」

保護者「二宮尊徳は?」

高一生「習ってない」

保護者「菅原道真は?」

高一生「習ってない」

保護者「……」



うーん

でもこれが今の教育(教科書)の実態なんですね


何としてもこのような状態、異常な状態を変えていかなければなりません

幸福実現党もこの教科書問題に取り組んでおります

ご協力お願いいたします



posted by 管理人


動画は幸福実現TV「教科書選択はあなた次第!」

2011年6月24日 (金)

育鵬社がない-教科書展示場のナゾ

先日から日記に書いてきた教科書展示会

当ブログでも、展示会場に行き育鵬社を推してきましょう、と載せたのですが

自治体によっては、育鵬社の教科書を展示していない会場があり

そして育鵬社のはどこですか?と尋ねるとおもむろに、忘れてました、と出してくるそうです(幸福実現党調べ)


わざとらしいですね

真っ赤々自治労の職員でしょう

さすが卑怯者・菅直人のお仲間。同じく卑怯な人たちです


もしそのような会場を目撃したら証拠写真を撮って

県の施設なら県に、市の施設なら市に連絡して

付き合いのある地方議員にも連絡しましょう


このような不正を黙って見ていてはいけませんね

posted by 管理人




私たちの手で教科書を選ぼう!

昨日の幸福実現TVは教科書問題特番でした

見れなかった人は↓こちらで録画を視聴できます
http://ustre.am/vQzK(Ustream) または http://www.youtube.com/watch?v=oMp6GDd0Zyk (YouTube)


幸福実現党サイト掲載のチラシより転載します
http://www.hr-party.jp/new/2011/7933.html




日本の教科書がアブナイ


私たちの手で教科書を選ぼう!


その教科書で大丈夫?


 内容・記述において、「公平中立」で「正確」と思われがちな教科書。

 しかし、教科書の内容には大きな開きがあり、明らかに「偏向」した教科書も存在します。とくに社会科教科書は、わが国の歴史をおとしめる反日・自虐的な内容が盛り込まれたものが大半です。

 世界的にみれば、どの国の歴史教科書も自分の国を肯定的に捉えて書いているものばかりです。

 しかし、日本では、自国を卑下する記述が教科書に満ちています。

 東京書籍の中学歴史教科書では、豊臣秀吉の「朝鮮出兵」を「朝鮮侵略」と表現を変えています。

 歴史的にも確証がない「南京事件」における日本軍の民間人殺害については、「南京では、兵士だけでなく、女性や子どもをふくむ多くの中国人を殺害」(帝国書院)と記しています。

 これでは、日本の歴史に誇りを持てない子供が増える一方です。



市民の意見が採択の参考となる可能性も


 今年は4年に一度の中学校教科書の採択の年です。

 採択にあたっては、6月17日から6月30日(一部自治体ではこの前後に追加開催)にかけて開かれる教科書展示会等でのアンケートを通じて、私たちの意見を反映させることができます(教科書展示会の場所や実施期間などは、お住まいの市町村の教育委員会にお問い合わせください)。


「正しい歴史教育」の推進を


 昨年4月、教科書に「従軍慰安婦」問題などを記載してきた日本書籍が撤退しました。歴史教科書の大手でしたが、あまりに極端な自虐史観への批判は大きく、採択する教育委員会が激減したためです。

 しかし、伊藤博文を暗殺した安重根について、韓国の教科書をそのまま引用し、「日本の侵略に対するわが民族の強い独立精神をよく表したもの」(帝国書院)と、暗殺を称えるような記述をする教科書もあり、子供たちが日本を嫌いになるような自虐史観がいまだにあふれています。

 偏向した教科書による教育を、断固改めるべきです。

 私たち幸福実現党は、日本の美しい風土、数千年にわたって息づいてきた文化・伝統を心から大事にしています。

 育鵬社(いくほうしゃ)や自由社などの教科書は、神武天皇、仁徳天皇、聖徳太子、紫式部、鑑真、空海に始まり、二宮尊徳、吉田松陰、高杉晋作、坂本龍馬、西郷隆盛、秋山真之、小村寿太郎など、日本の歴史の中から「献身」「公共」「勇気」「勤勉」などの美徳を体現した人物
や、国家や人生の前途を切りひらいていった人物を取り上げています。

 こうした日本の心を次代の子供たちにもしっかりと継承していきたいと願っています。

 そのために、教育現場でも、正しい歴史・公民教育を推進し、日本の心を伝え、健全な愛国心を育てるための教育を進めるべきと考えています。

Abunai_kyokasho

2011年6月23日 (木)

有害物質は検出されませんでした。アユの大量死-謎

市の検査でも県の検査でも毒物は検出されなかったみたいです



北陸朝日放送より
--
浅野川アユ大量死問題 アユの死がい農薬検出されず (22日)

今月14日、金沢市の浅野川でアユが大量に死んでいるのが見つかりました。

金沢市は今月17日、川の水質を調べた結果、有害な物質は検出されなかったと発表しています。

一方、石川県でも水質汚濁防止法に基づき、アユの死骸に農薬などが含まれていないかを調べていました。22日に分析結果を発表し、アユの身や内臓などからは、有機リン系の殺虫剤や除草剤など農薬6項目は検出されなかったことを明らかにしました。

金沢漁業協同組合によると「冷水病や酸欠によりアユが死んだとは考えられない」と話しており、アユが死んだ原因は依然としてわかっていません。
--
原文↓
http://www.hab.co.jp/headline/news0000007542.html



石川テレビ
--
浅野川で大量のアユが死んだ問題で有害物質は検出されませんでした。

この問題は今月14日、金沢市の浅野川で1万7000匹を超える大量のアユの死がいが見つかったものです。

このため県は死んだアユを分析し、パラチオンやメチルジメトンなど殺虫剤や除草剤の成分、6項目について調べていました。

その結果、アユの内蔵などからいずれの項目も検出されずアユが死んだ原因を特定できませんでした。金沢市が実施した川の水質検査でも有害物質は検出されていません。
--
原文↓
http://www.ishikawa-tv.com/news/main.php?id=16371



posted by 管理人




2011年6月22日 (水)

菅直人を悪魔の手下と見抜いた書

二人の予言は二〇一〇年六月一日に同時収録されたが、翌日の六月二日には鳩山総理が辞職を表明した。

鳩山政権発足時は70%台あった支持率は、ついに20%を割り込み10%台になったところで、政府・民主党は、菅直人を新総理に選び六月八日に新内閣が発足した。


ところが無節操にもマスコミ世論は菅内閣に60%台の支持率回復を許し、民主党政権の参院選対策に便乗した。

ジーン・ディクソンは「鳩山総理の次には、"悪魔の完全な手下"が総理になる」と予言しているが、既に本書収録時に、悲劇の第二幕を予知していたというほかない。

果たして、『諸行無常』以外にすがるべき真理はないのだろうか。



「エドガー・ケイシーの未来リーディング」より




2011年6月21日 (火)

幸福の科学葬儀のすすめ

幸福の科学の葬儀は、世界最高の救済力


僧侶の本当の仕事とは、亡くなったばかりで、戸惑っている魂に、死後の導きを与えてやることにあります。

しかし、あの世を信じない僧侶の読経や説法が、霊人に効くわけもなく、遺族が今後どのような生き方をすれば、故人にとっての最高の供養になるかを、教えることさえできないのが、現状です。

また、最近の風潮として、葬儀は不要、宗教不要、として、迷える霊への導きを無視し、葬儀なしでの散骨等は、まるで不成仏霊を増やす方向に動かそう、とする力が働いているかに見えます。

断じてこうした形を変えた唯物論化の流れは、来世幸福のために阻止しなくてはなりません。

そうした中で、信仰の大切さやあの世のとこの世の真実を述べ、天国、地獄の差を教え、天国に還る方法を確かに伝えられる宗教は、もはや幸福の科学以外にありません。


さらに、主の偉大さは、単に天国に間違いなく帰れるだけにも、とどまりません。「時は来たれり。すべての人々が救われるのです。すべての人々を、すべての魂たちを、地獄にいる人も、天上界の低次元にいる人も、すべてを救うのです。」(「救世の法」 第6章 フォーキャスト)とあるように、天国でも4次元5次元の低次元なら、まだこの世の延長のような世界が続いています。

その世界の人々は、地上への懐かしさが捨てがたく、また迷いの多い転生輪廻に陥りやすいのです。天国ではあっても、そうした苦しみから救い、天使の世界に向かって引き上げようとしてくださるのが、幸福の科学が圧倒的に他宗の葬儀や法要、供養と違うところなのです。

地球神、主エル・カンターレの直説の経文と主の御教示に基づく、当会の聖なる葬儀や法要、供養の価値が、既存のどの宗教とも比べ物にならない救済力と尊さを含んでいるのです。




2011年6月19日 (日)

沖縄返還協定締結40周年記念日の朝刊

一昨日のことになりますが

仕事が早いですね

さすがです


産経新聞に載った意見広告の写真です


Sankei617




2011年6月18日 (土)

復興に向けて、一人の宗教家として、立ち向かう決意の書

この国が再び力を取り戻し、世界の未来を牽引できる光となりますように。

H0322

この国の政治も経済も、マスコミも、ナイアガラの滝から落下する寸前のようにも思える。


せめて宗教は光でありたい。「逆境の中の希望」でありたいと思う。




http://www.irhpress.co.jp/detail/html/H0322.html





2011年6月17日 (金)

「沖縄返還協定」締結40周年

6月17日で、「沖縄返還協定」が締結されて40周年ー。

今日は、東京で沖縄返還協定締結40周年を記念して「日本を守ろう国民会議」(代表 惠隆之介氏)主催による「日本を守り抜く!国民集会」も開催されました

それに関連して幸福実現NEWS 第21号 党員限定版よりその一部を引用します


1 国中が沖縄本土復帰に湧く

40年前の1971年6月17日、沖縄も尖閣諸島も日本固有の領土として、ようやく世界に認められた。

この日、東京とワシントンが当時の最新技術である衛星中継で結ばれ、日米の主要閣僚が「沖縄返還協定」に署名する様子を、日本国中が固唾
をのんで見守った。

調印式を終えた佐藤栄作首相は、「沖縄の皆様ほんとうに長い間ご苦労様でした。皆様を本土に迎え入れる日がいよいよ迫ってまいりました」と語り、感動のあまり、声をつまらせた。

同協定に基づき、72年5月15日、戦後27年間続いたアメリカ統治時代が終わり、沖縄は日本に復帰した。


2 尖閣諸島も日本領土に復帰

この日、沖縄の尖閣諸島も日本の領土に復帰した。

尖閣諸島は終戦直後に締結されたサンフランシスコ平和条約第3条に基づき、アメリカの施政下に置かれていたが、71年の沖縄返還協定に基づき、施政権が日本に返還された。

沖縄返還協定において合意された議事録には、経緯度線で囲む方式により、尖閣諸島が返還地域に含まれることが明記されている。

したがって、尖閣諸島が日本固有の領土であることは国際法上も何ら疑いようのない事実である。

中国が尖閣諸島の領有権を主張し始めたのは、尖閣諸島海域に大量の
石油や天然ガスの埋蔵が発見された70年代に入ってからであり、何ら正当性はない。


3 危機に立つ沖縄、尖閣

しかるに、政権交代で民主党政権が誕生して以来、わが国は深刻な「国難」のただ中に置かれている。

軍備拡張にひた走る中国の覇権主義や、北朝鮮の核兵器保有など、日本を取り巻く安全保障環境が激変する中で、民主党政権の「普天間基地移設問題」による日米同盟の弱体化や、「尖閣諸島沖漁船衝突事件」での腰砕け外交は、我が国に安全保障上の危機を招来している。

中国の尖閣諸島への接近・威嚇行動は、昨年9月7日の中国漁船衝突事件で終わったわけではない。中国は今年に入ってからも、接続水域の侵犯や自衛艦への異常接近や威嚇を続けている。

さらに東日本大震災を受け、自衛隊が十万人態勢で救援活動を行っている最中、その間隙を突いて、中国軍機が東シナ海で海上自衛隊の護衛艦に対し、軍事的挑発と見なさざるを得ない異常接近を繰り返している。

加えて、華人系団体の「世界華人保釣連盟」は、今年6月17日に800隻の大船団を組んでの尖閣接近を計画していた。震災による国際世論の流れを汲んで今回は中止となったものの、民主党の弱腰外交が続く限り、尖閣・沖縄の危機は増すばかりである。


4 日本よ、主権国家たれ

中国による尖閣、沖縄侵攻を断固阻止するためには主権国家としての意思を明確に示し、憲法9条を改正し、主権国家として当然の権利である世界標準の自衛権を確立すると共に、早急に自主防衛体制を整備、強化すべきである。

また、日本の平和が守られて来たのは、自衛隊の献身的な不断の努力と共に、「日米同盟」が堅持されてきたからにほかならない。

東アジアが中国、北朝鮮の軍事的脅威にさらされている今、国民の生命・安全・財産とアジアの平和と安定を維持するために、幸福実現党は、自主防衛の強化と「日米同盟」の強化を目指し、力強い政治活動を展開していく。


全文はこちら
21gou

昭和天皇はどこ?

3

教育再生機構から「教科書も仕分けしよう!」のDVDが届きました

先日の日記に書いた教科書採択の参考にと取り寄せました

内容はYOUTUBEでも見られますが

冊子「きちんと選ぼう 子供の教科書」や

教科書を選ぶためのチェックポイント表、

現行中学校教科書の問題点をあげたペーパーが付いていますから

皆様も取り寄せてはいかがでしょうか?(送料込1080円)


そして付録の資料を読んで驚いたこと

なんと昭和天皇が載ってない歴史教科書が9社中6社もあるんです

(6社…東京書籍、大阪書籍、帝国書院、教育出版、日本文教出版、日本書籍新社)

さらに驚くことに勝海舟も明治天皇も載せていない教科書があるんですって

これにはびっくりです(明治天皇が載ってない…東京書籍、大阪書籍、日本書籍新社。勝海舟が載ってない…東京書籍、大阪書籍、日本書籍新社)
二宮尊徳が載ってるのは育鵬社と自由社のみ

菅原道真を載せているのは育鵬社だけです

にも関わらず安重根(伊藤博文を暗殺した右翼青年)や柳寛順(抗日独立運動のリーダー)を写真入りで解説し、しかもていねいにアンジュングン、ユグァンスンと現地読みのフリガナまで付けてあります

もっと載せるべき人物がいるのではないでしょうか?


まともな教科書をつくり、普及を目指している教育再生機構、教科書改善の会には頑張ってほしいですね

(「つくる会」のときのように「幕屋」の過大なるウエイトにより運動が曲がらないように祈念いたします)


posted by 管理人

2011年6月16日 (木)

正しい判断をするためには

正しい人生観を受け入れ

良質の情報を取り入れることです

もっとも良質な情報とは

やはり国師にしてブッダ(悟りたる者)

ブッダにして救世主の説く仏法真理ではないでしょうか


写真は今週発売の良書


すべては過ぎ去ってゆくだろう。

諸行は無常、諸法は無我なのだ。

4

ただ言えることは、

私が地球レベルで具体的救世活動を始めてより、

現代の法難が立ちあらわれているということだ。

それは「旧い常識」が滅び去ってゆく姿なのかもしれない。





2011年6月13日 (月)

金沢で教科書展示会始まる

先日の日記の教科書展示会が今日から始まります

中国か北朝鮮の教科書かと思わんばかりの現在の歴史教科書

それを正すために私たち一人ひとりが声をあげていかなければいけません


しかし、教育委員会のサイトにも展示場の教育センターにも今に至るもお知らせすら載っていません(執筆時点6月11日)

それだけ軽視されているということでしょうか

国の将来を担う子供たちの教育ですから、国民の目で吟味されたものを使いたいですね

(本来なら文科省検定の提出以前に国民により審査されるべきですが)


偏向教科書ではなく、ふつうの教科書を使った授業を希望するなら

教科書展示会に行き、実物を見較べ、感想をアンケートを書くか、教育委員会に手紙を書いてください

市販されている教科書もありますので(育鵬社)、その場合は書店で購入するなりして、

読んだ感想を、金沢市なら

石川県金沢市広坂 金沢市役所 金沢市教育委員会
076-220-2431

に送ればよいです

http://info.city.kanazawa.ishikawa.jp/webapps/www/info/detail.jsp?id=16428



以下は石川県内の教科書展示会場です


大聖寺    加賀市大聖寺東町2-3-1    加賀市教育センター    小学校・中学校

小松    小松市島田町イ85-1    小松教育事務所    小学校・中学校・高等学校

白山    白山市古城町1番地    白山市立松任図書館    小学校・中学校

金沢・高尾    金沢市高尾町ウ31-1    石川県教育センター    小学校・中学校・高等学校・特別支援学校

金沢・富樫    金沢市富樫3丁目10-1    金沢市教育プラザ富樫    小学校・中学校

河北    かほく市高松ク42番地1    かほく市産業文化センター2階    小学校・中学校

羽咋    羽咋市中央町サ90    羽咋市立羽咋小学校    小学校・中学校

七尾    七尾市小島町チ部3    七尾市立小丸山小学校    小学校・中学校・高等学校

七尾分館    七尾市下町己部54    石川県立七尾特別支援学校    特別支援学校

輪島    輪島市河井町6部21-5    輪島市教育研究所    小学校・中学校・高等学校

宇出津    鳳珠郡能登町宇出津ム字1    能登町立宇出津小学校    小学校・中学校

珠州    珠州市野々江町6之部1    珠洲市立緑丘中学校    小学校・中学校・高等学校



(参)全国の教科書センターはこちら↓

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kyoukasho/center.htm


posted by 管理人

2011年6月12日 (日)

ついに昨日も慰霊祭なし

あれだけ多くの人が亡くなった震災から丸三ヶ月。いまだに政府主催の慰霊祭もとりおこなわれていません

なんという政府じゃー

と言いたいところですがそれが日本流「政教分離」というやつでしょうか

愚かです

極めて愚かであります

posted by 管理人

2011年6月10日 (金)

本日21:30「海外生中継@Ustream」

世界中でセミナーを行っている今井講師のブルガリアとロシアのセミナーをUstreamにてネット生放送を行います


また、ブルガリアでは、セミナー中継の直前にブルガリアの国営放送に出演したブルガリア支部長兼東欧開拓本部長のベニー氏と日本のエル・カンターレ信仰伝道局の西川氏を結んで初のネット対談を予定しています


ツイッターのつぶやきも大募集


世界伝道の現場とつながる生中継Ustream配信をぜひお見逃しなく


【生中継配信予定・日本時間】



6/10(金)21:30~(約30分)

ブルガリア支部長ベニー氏とエル・カンターレ信仰伝道局長の西川氏のネット対談


6/10(金)24:30~26:30

今井講師によるセミナー@ブルガリア(ソフィア)


6/12(日)20:00~22:00

今井講師によるセミナー@ロシア(モスクワ)


※時間の変更や配信に不備があることもございます、ご了承ください



ネット中継はこちらで視聴できます↓
http://www.ustream.tv/channel/world-report


posted by 管理人




6月後半も続々

刊行されます

それは、

すべての人を救うため



現代の法難③

ハトホル信仰とは何か

現代の法難③


レプタリアンの逆襲Ⅰ

地球の侵略者か守護神か

レプタリアンの逆襲Ⅰ


レプタリアンの逆襲Ⅱ

進化の神の条件

レプタリアンの逆襲Ⅱ

2011年6月 9日 (木)

世界が認めるワールドティーチャー

「欧米的なユーモラスを交えて話す人は極めて稀である」(太陽報紙・香港)


「日本の最も偉大なスピリチュアルリーダー、大川隆法先生がフィリピンの人々に霊的指導と霊的パワーを与えた」(TONITE紙・フィリピン)



ブラジル、インド、ネパール、に続きフィリピン、香港でも感動の嵐、嵐。

多くのメディアも詰めかけました


日本はいつまでも日教組・共産党の「宗教=日陰の存在」という嘘に騙され続けてはいけません


海外では、素晴らしいものを素直に素晴らしいと言える、あたりまえの心があり、あたりまえの報道の自由があります


ハッピーサイエンス公式サイトより転載します
http://www.happy-science.jp/news/lecture/178C.html

   大川隆法総裁は2011年5月21・22日、フィリピン・香港において説法されました。

フィリピンでは現地にて計2000名以上の新規入会者が誕生。
講演はラジオ局3局で生中継されるとともに、大手新聞は、大川総裁の講演会を大絶賛しました。

 「御法話"Love and spiritual power"は大成功だった」(フィリピン『HATAW』紙) 

 「日本の最も偉大なスピリチュアルリーダー、大川隆法先生がフィリピンの人々に霊的指導と霊的パワーを与えた」(フィリピン『TONITE』紙) 

など、祝福と賞賛の記事が各紙に掲載されました。

香港でも、新聞に記事が大々的に掲載されるとともに、 講演会前日の5月21日(土)には、23:20より「アジアテレビ(ATV)」のチャンネル 「ATV World」(英語放送)にて、大川隆法総指揮の映画『永遠の法』が上映され、 多くの方が自宅にて鑑賞。
講演会にも、多くの現地の方が参加し、大川隆法総裁の著書を購入されました。

以下に、現地メディアに取り上げられたニュースetc.を厳選してご紹介します。

 【 フィリピン 】


 〝Love and spiritual power" は大成功だった 

;

5/22「TONITE」 5/23「MANILA STANDARD TODAY」
(記事) 昨日、アンティポロ市のイナレスセンターで、日本の最も偉大なスピリチュアルリーダー、大川隆法先生がフィリピンの人々に霊的指導と霊的パワーを与えた。彼は、人々に霊的指導を与えるために様々な国々を巡錫している。 (記事) 真理と幸福。土曜日、アンティポロ市のイナレススポーツセンターにて、真理の探究と人々に幸福をもたらすことに尽くす団体、Happy Scienceの創始者兼総裁である大川隆法先生の法話に数千人が参加した。 

5/23「PEOPLE's JOURNAL TONIGHT」

5/23「PEOPLE's JOURNAL」

(記事) この写真は幸福の科学総裁の大川隆法氏による"Love and spiritual power" アンティポロのイナレススポーツセンターでの講演会が大成功に終った後、何千人にも及ぶ信者を写している。大川総裁の講演会と、愛についての集会が催された。


5/23「HATAW」 5/23「TONITE」 5/24「ABANTE」 5/24「TALIBA」
(記事) 去る5月21日にイナレススポーツセンターで行われた、Happy Scienceの創始者兼総裁、大川隆法先生の御法話"Love and spiritual power"は大成功だった。数千人の人々が参加し、大川隆法先生の教えを拝聴する幸せに恵まれた。



 説法前には記者会見やテレビ・ラジオ出演

総裁説法の前には、幸福の科学 フィリピン支部の支部長、榊原俊尚氏や、国際局長、市川和博氏らによる記者会見が行われたほか、テレビ出演やラジオ出演を行い、注目をあつめました。

5/18「PEOPLE's JOURNAL」 5/18「PEOPLE's JOURNAL TONIGHT」
(記事) 世 界最高のワールドティーチャーである、大川隆法総裁の講演会「Love and Spiritual Power」の記者発表会にて、Happy Science常務理事の市川和博氏とフィリピン支部長の榊原俊尚氏が世界的に高名な宗教家、大川隆法氏の書籍を紹介。本講演会は5月21日にアンティポ ロシティのイナレススポーツセンターにて開催される。




 【 香港 】


 大川総裁は、欧米的なユーモラスを交えて話す人 


5/28「太陽報」

意外だった政治・経済のスピーチ

日本の宗教である幸福の科学の創立者、マスター大川隆法氏が、初めて香港において新書発表会とスピーチを行った。私は好奇心から出席した。
私自身は特に宗教に興味があるわけではないが、日本から来たこの有名人がどのような魅力的な話をされるのか知りたくて、イベントに参加した。
意外なことに、大川氏は宗教のテーマについてはあまり触れず、代わりに、香港の優れたことや日本の逆境などついての政治的、経済的な話を行った。
大 川氏いわく、香港は中国(経済)の後押しをしているが、この20年間、日本はバブル崩壊からの新しい道が見つかっておらず、多くの政策ミスがあり、国全体 の競争力が落ちて、経済的発展にも影響を及ぼしている。例えば、その原因は、行き過ぎた保守や、学生たちが積極的に英語を学んだり海外に接したりする機会 が少ないからだそうだ。

大川氏は最近の日本の天災についても触れ、日本では津波のシーンがある映画が放映されなかったが、香港ではそういう制限がなく、表現の自由があり、それが香港の優れた点の1つだと述べていた。
なお、大川氏は、かつて多国籍企業でニューヨークに派遣されて仕事を行い、アメリカで国際金融も学んでいるため、一般的な日本人よりも国際的な視野を持っている。
最 後に、スピーチのなかで1つ面白いことがあった。大川氏は香港に来る前に声をつぶしてしまったが、大川氏は「自分がこんな渋い声で話すのは初めてであり、 そんな声を聴ける聴衆の皆さんはとてもラッキーだ」と述べていた。日本人はふつうまじめな話しかしないが、このような欧米的なユーモラスを交えて話す人は 極めて稀である。演説の内容も意外だったが、さらに驚いたことは、イベントに尼さんたちも参加したことだった。


 大手新聞社で広告され、前日には映画「永遠の法」が放映 

(記事抜粋) 5/16東方日報

大都市で生活している現代人は、経済発展の競争社会に身を置き、精神的なプレッシャがますます大きくなってきている。
それに伴い、精神やスピリチュアルに関することがとても話題になってきた。
この騒がしい生活のなかで、くつろげる空間を作り、心の平静を得るための選択肢は、「幸福の科学」ではなかろうか。
「科学」という言葉は、科学実験的なイメージを思い起こすかもしれないが、日本の有名作家であり、宗教家でもある大川隆法氏によって創立された「幸福の科学」は、学習と悟りの心霊法則を説いている。
それは、愛、知、反省、発展の四正道を実践することで、健康且つ幸福的な心を保つことができるというものだ。
  香港の主要紙に掲載された記事


講演会前日の5月21日(土)23時20分より、香港の「アジアテレビ(ATV)」のチャンネル「ATV World」(英語放送)にて、映画「永遠の法」が上映されました。


【今後開催される説法】

 

『奇跡のガン克服法』セミナー 6/12(日)全国開催

2011年6月 8日 (水)

教科書正常化は私たちが始めよう!

公立校で使う教科書は、4年に1度、市町村教育委員会によって決められますが、実は今年が4年に一度の採択の年です。(今年採択の教科書は平成24~27年度に使用)


現在、公立学校で使用されている教科書は、「日教組が好みそうな教科書」に編纂された教科書であり、かなり偏向しているのが実情です


例えば奈良の大仏は、巨大な富と権力を握る天皇がさらに権力を強化するために民衆を働かせた、と読み手が受け取るような記述がなされてます

また二宮尊徳、聖徳太子など、日本の誇るべき偉人が紹介されていなかったり、日本が侵略戦争を繰り返したと誤解させるような記述があるなど、日本人の誇りを失わせる内容に満ち溢れてるんです


来年度からといわずいますぐにでも使用を止めたいのですが、そこがお役所の融通の利かないところなので、今回まともな教科書を選んで来年からそれを使うようにしたいわけです


でも教科書を私たち一般市民が選べるの?という声が聞こえてきそうです

はい全国の市町村では市民の意見を採択の参考にしています
今の時期なら公立図書館等で展示されているはずです(教科書の発行に関する臨時措置法による)

しかしこれを逆手にとって、過去に日教組・左翼の人たちがまともな記述=自分たちに都合の悪い(=中国の日本属国化に都合が悪い)内容が書かれた教科書に集団で悪口を言い採択の妨害をしてきた経緯があるわけです
(昨日の日記の人たちも100%これに関わってるでしょうね)


じゃあどの教科書を推せばいいの?という人に、まだ少数派ですが普通の教科書もあるんです

育鵬社の「新しい日本の歴史」「新しいみんなの公民」がそれです
http://www.ikuhosha.co.jp/textbook/index.html



詳しくは実際に各市町村の教科書展示コーナーで手にとって見ていただくとして、編集の基本方針から一部引用します


--
日本の豊かな伝統と文化が具体的に実感できます

美しいビジュアルで日本独自の美を発見する「日本の美の形」 法隆寺五重塔,源氏物語絵巻,

風神雷神図屏風など,日本の代表的な文化遺産を時代を追いながら紹介します。 口絵①~⑤

“歴史は人が創る”という視点から,「人物」にスポットを当てています
歴史学習が楽しくなる「人物コラム」 

日本の歴史の中から「献身」「公共」「勇気」「勤勉」などの美徳を体現した人物や,国家や人生の岐路において道を切りひらいていった人物などを,その人間的な魅力とともに紹介しています。

女性たちの活躍に注目した「なでしこ日本史」 紫式部,北条政子,樋口一葉など,各時代を代表する 人の女性たちの活躍にスポットを当てました。
--


と何か面白そうですね

やっと「普通の」教科書が復活してきたという感じがします

また「育鵬社、よくここまできちっと書いていただいた。担当大臣として敬意を表したい」(中野寛成拉致担当大臣)という言葉もいただいています



金沢市では、金沢市教育プラザ富樫(076-243-1054)(金沢市富樫3丁目10-1)で6月13日~7月1日まで展示

6月末頃に採択諮問委員会に各学校の意見、市民意見を付託

7月下旬に教育委員会に採択諮問委員会の報告を付託

市役所等にて開催予定。市民傍聴可能。審議後、採択教科書が決定

という流れになっています



ここで皆様にお願いがあります

教科書が展示されている会場に行き「育鵬社」の教科書を推薦する内容のアンケートを書いてほしいのです

小さなことですが、これが教育の正常化への着実な一歩となるのです




さらに嬉しい情報…今月のアーユーハッピー7月号には、正しい歴史教育についての特集が組まれていて、育鵬社の教科書の紹介がされています

http://www.irhpress.co.jp/detail/html/N1088.html


特集の一部をナイショで教えちゃいます(なんてナイショでもないですけど(;^ω^))


「日本人が左翼史観を克服して自信を取り戻そうとするならば、『古事記』や『日本書紀』のようなところまで研究しなければ駄目で、そこを全部切り捨ててしまったら、歴史の教科書はただの原始人の歴史になってしまう」(大川隆法総裁)


「歴史家が個別の事件をくわしく調べるのは結構です。しかし、子供たちに教えるときには、日本という国の美しい『虹』を見せなければいけないのです」(渡部昇一教授)


アーユーハッピーは金沢ビーンズや示野文苑堂など一般書店で取り扱っています



(参考サイト)日本教育再生機構 http://www.kyoiku-saisei.jp/


posted by 管理人




2011年6月 7日 (火)

「トモダチ作戦はいらない」=左翼の非常識な意見広告

こんな非常識極まりない広告を出す人たちがいるそうです

http://blog.goo.ne.jp/jiritsukokka/e/e1f3e0e9798f88bba0133b7a4d184432


そんなに中国に同胞を侵略してほしいのでしょうか、たぶんそうでしょう


なかには金沢大学の職員もいるそうで、呆れます

http://blog.goo.ne.jp/jiritsukokka/e/54c761d2f2eb86ecf0b4aa2fed230800


posted by 管理人

音楽クラウド…日本では違法なの?

米Amazonが音楽クラウドサービス開始
http://techwave.jp/archives/51643723.html

Google、クラウド音楽サービスを発表へ
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1105/10/news037.html

アップル、「iCloud」ストレージサービスを発表
http://japan.cnet.com/mobile/35003644/

など各社一斉スタートといった感のある音楽クラウトサービス

クラウド音楽サービスとは

「購入した楽曲をインターネット上に保管し好きなときに好きなデバイスで聞くことのできる音楽クラウドサービス」(前記TechWave)

「リモートストレージに音楽ファイルを置き、ストリーミングでどこでも楽しめる」(前記ITmediaニュース)

「CDからリッピングした音楽を含む自分の「コレクション全体」をiCloudサーバに保存することができる」(前記CNET Japan)

です


日本にも以前に類似のサービスがありました

それは「MYUTA」です

「「MYUTA」は、パソコンから「MYUTA」のサイトにアクセスいただき、会員登録の後、操作手順に従って設定するだけで、150MB(約100曲分)相当の音楽データを保存する事ができ、かつパソコンと携帯電話が紐付いた、自分だけの(オンリーワン)・安全な(セイフティー)ボックスをインターネット上に持つ事ができる画期的なサービスです。(オンリーワンセイフティーボックス機能。)

 インターネット上における自分だけのオンリーワンセイフティーボックス機能は、「自分だけのオンリーワンセイフティーボックス」という観点により、著作権法上で認められている私的複製の領域内のサービスとして位置づけられ、(中略) 携帯電話でいつでもどこでもアクセスやダウンロードしてお楽しみいただく事を実現します。

とのことです。全文はこちら↓
http://www.infocom.co.jp/info/press/2005/p05111402.html


要するに自分専用の音楽保管箱がネット上にあり、必要なときにここからケータイにダウンロードして聞けるというサービスです

しかし日本においてはこのサービスは違法とされました

http://blogs.itmedia.co.jp/kurikiyo/2007/05/myuta_f980.html

http://av.watch.impress.co.jp/docs/20070528/jasrac.htm

http://gigazine.net/news/20070526_music_storage_illegal/

簡単にいえばこの判決は、データを保管するサーバーはサービス提供業者の所有である、かつ、CDを保管用データに変換するソフトは業者が設計したものである。よって音楽データを送信するのは業者であり、受信するのが不特定の者であるから著作権法違反である、と結論づけているわけです

ログインIDやパスワードを知っている本人しか利用できなくても不特定が利用するというのもずいぶん飛躍した論理ですね

それならYahooメールやGmailに音楽データを保管するのも違法になりかねないです


さあ日本でのこの音楽クラウドサービスはどうなるのでしょうか

ユーザーの利益に適うような方向で解決していただきたいと思います


ちなみに、上記ITmediaブログ(2007/05/28)で著者はこのように述べています

「たとえば、iPodに無線ブロードバンド機能が搭載されて自宅のiTunesライブラリの曲がどこでも聴けますなんてサービスは当然に考えられます。こういう技術動向を考えると、外部的には私的複製に見える行為(自分の所有物を自分が操作して自分が使用できるようにすること)が、サービス・プロバイダー側の内部の実装によっては著作権侵害になってしまうリスクが存在することは、やはり副作用が大きいと言わざるを得ないと思います。」

2011年6月 6日 (月)

知識人は丸山眞男を捨てよ!

今、地球的正義とは何かを知りたくば、私の本を読むことだ。


H7010_2

http://www.irhpress.co.jp/detail/html/H7010.html

平和への決断  国防なくして繁栄なし


もうこの国の知識人は、丸山眞男の書物を捨てて、


政治思想家としての大川隆法の考えを学ぶべき時である。




2011年6月 5日 (日)

着々と自衛隊削減を進める民主党

民主党政権発足以来「粛々と」日本の防衛力の弱体化が進められています

2009年衆院選で民主党に投票した人たちには猛省を求めるとともに、国民を煽ったマスメディアには消えていただくことを希望いたします

民主党以外に防衛力低下に賛成してるのはおなじみの共産、社民、公明ですが、さすが公明党は与党を離れるとすぐ本音がでます

自民党もずっと国防問題から逃げ続けていました。去年の沖縄県知事選でも普天間問題をこじらせる(=日米安保をこじらせる)候補を応援しました

しかし、今回の大震災をきっかけに実現党の国防政策にようやく近づいてきつつあるようです


自衛隊員定数削減について、ヒゲの隊長・佐藤正久参議院議員のツイートから引用させていただきます

http://twitter.com/SatoMasahisa

防衛省設置法改正案では、自衛官の定数を約300名削減する内容だが、民主・公明の賛成で衆院通過。参院では定数削減を止める修正案を自民党から提出する予定。修正案の条文はできた。今週から党内手続き、他党に働きかける。充足不足で助けられる人も助けられなかったとの声が第一線部隊にあるのに。

政府の防衛省設置法改正案が成立すると、災害派遣であれほど頑張り、多くの教訓があるのに、定数が約300名削減され、また与党案では給与も削減される。自衛官の誇りを無視している。公明党も民主党と同様、自衛官の削減案に賛成だ。参議院でも賛成するのか?それが多くの被災者の思いとは思わないが

佐藤が議員になり現場の実情説明。自民党は2年連続、防衛大綱提言で自衛官増員を民主党政権に要望したが結果は削減。昨年の参議院選挙や今年の統一地方選挙公約でも自民党は自衛官増員。政府提出の自衛官削減法案に反対するのは当然。今週、参議院公明党に削減阻止の修正案を説明するが・・

大幅な自衛官増員や装備の見直しは、最近の周辺環境や今回の大震災の教訓を踏まえて行う必要がある。自衛官削減法案が衆議院を通過した現状ではとりあえず削減阻止の修正案を参議院に提出し、阻止したいが、公明党等の野党の協力が得られれば修正案が可決される可能性はある。

民主党政権が自衛隊に長期の災害派遣を命じながら懲戒処分よりも過酷な約10%、3年間給与削減を決め、自衛官定数削減法案を衆議院を通過させた。被災地、特に福島原発地域災害派遣は長期にわたりそう。自衛官が防護服・紙おむつを装着し行方不明者捜索の現場、思い、民主党には理解不能

自衛官の定数削減、被災地の民主党や公明党の支持者や地方議員の方も同じ思いなのか?定数が減ると、結果、隊員数が減り第一線部隊に負担がのしかかる。今回の災害派遣では3名の隊員が殉職された。精神的なケアが必要な隊員もいる。被災地ではこれから地方選挙だ。自民党は正論を主張する

2011年6月 4日 (土)

【号外】菅首相は即刻退陣を!

未曾有の「国難」を招いた菅首相――
政権への「居座り」は断じて許されない

6月2日、菅政権に対する内閣不信任決議案が否決された。菅直人首相続投という結果になったが、菅政権になって日本にもたらされた「国難」を思えば、即刻辞任は当然の帰結である。

菅首相の存在自体が、東日本大震災からの復興を遅らせ、国際社会における日本の地位の失墜を招いているからである。

◆日本解体へのA級戦犯


全文はここ↓


http://www.hr-party.jp/new/2011/7449.html



号外(写真)はここ↓

Kan

2011年6月 3日 (金)

「平和への決断 国防なくして繁栄なし」発刊

北朝鮮の核保有も、中国の異常な軍備拡張も、「日本国憲法」は想定していませんでした

日本のマスコミや左翼政治家、左翼言論人に惑わされず正しい情報を選択していきたいものです





宗教家が「国を守れ」と主張するのは、


戦争をしたいからではなく、国民を護りたいからである。


たとえ何と評されても結構である。


しかし、私の「平和への決断」とは、新・帝国主義との対決である。


言論において――。行動において――。


(『平和への決断』まえがきより)


http://www.irhpress.co.jp/detail/html/H7010.html



書店へGO!

週刊新潮またまた敗訴

さすが白を灰色にもっていき

灰色にもっていけば次に黒にする

白でも黒にできる。

と豪語する人たちがまたもや負けました。相手は読売新聞

そういえば週刊新潮の「指導者」は、

民衆の嫉妬を煽り、嫉妬が集まれば相手は黒。嫉妬の対象を叩くのが正義。

とも言ってましたな。善悪の区別もつかない人が「正義」を語りマスコミ権力を振るうなんて

とてもとても危険ですね

読売新聞より
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110526-OYT1T00929.htm
--
新潮社に賠償命令…新聞部数巡る記事で本社勝訴

 週刊新潮の記事で、読売新聞が販売店に余分な部数の新聞を押し付けて不当な収入を得ているなどと虚偽の報道をされ、名誉を傷つけられたとして、読売新聞東京、大阪、西部の3本社が、新潮社と記事を書いた黒薮哲哉氏(53)に損害賠償などを求めた訴訟の判決が26日、東京地裁であった。

 村上正敏裁判長は「記事は真実といえず、真実と信じる相当の理由もない」と述べ、記事が読売新聞の名誉を大きく損なったとして、新潮社側に計385万円の支払いを命じた。

 問題となったのは、週刊新潮の2009年6月11日号に掲載された記事。同誌は「配達先がなく、闇から闇へと消えていく新聞を、業界では“押し紙”と呼ぶ」とし、滋賀県内の新聞折り込み広告関係会社が実施した購読紙調査の結果などを基に「読売新聞の場合、全国レベルでは30%から40%ぐらいの “押し紙”があり、年間では360億円が“不正な”収入ということになる」などと報じた。

 判決はまず、購読紙調査について、読売新聞の実在の購読者が事実に反して新聞を取っていない世帯に算入されている点などを指摘し、「調査の集計結果の正確性には疑問がある」と、記事の根拠自体を否定した。

 訴訟で新潮社側は、「読売新聞の販売店には多数の売れ残った残紙があり、それが“押し紙”の存在を推認させる」とも主張したが、判決は、こうした新潮社側の主張について、「客観的な裏付けがなく信用できない」などと退けた。

 その上で判決は、〈1〉日本ABC協会の公査でも読売新聞の残紙率は4~5・3%にとどまっていること〈2〉販売店との間の過去の裁判の判決でも、読売新聞による“押し紙”を認定した例はないこと――などを踏まえて“押し紙”の存在を認めず、「報道機関である読売新聞に対する一般国民の信頼を大きく損なう記事だ」と、結論付けた。

 読売新聞東京本社広報部の話「根拠のない記事で当社の名誉を大きく傷つけたことを認めており、妥当な判決だと考えます」

 週刊新潮編集部の話「判決には納得できないので控訴する」
--

週刊新潮の真実を明らかにした唯一の研究書はこちら↓

「週刊新潮」に巣くう悪魔の研究

週刊誌に正義はあるのか

posted by 管理人

2011年6月 2日 (木)

週刊新潮の誹謗中傷記事に対する反論

6月2日(木)発売の「週刊新潮」において、『幸福の科学「大川隆法」原作漫画を連載する女性誌』との見出しで当教団を誹謗中傷する記事が掲載されました。

広報局コメントとして、以下に反論を掲載します。

 最初に申し上げたいのは、週刊新潮は、常軌を逸した連続誹謗中傷記事をあえて刊行したことで、当教団より2億円もの損害賠償等を求めた名誉毀損訴訟を東京地裁に提起されていますが、同誌はこの事実をどのように受け止めているのかということです。

 さらに当教団とグループを同じくする幸福の科学出版の発行する月刊「ザ・リバティ」編集部からの取材に対して、週刊新潮は"貴教団をカルト団体と認識している"等という常識では考えられない理由を酒井逸史編集長名で堂々と明示し、2度にわたって回答を拒否するという暴挙を行ないました。

週刊新潮は、「自らは相手の取材を拒否するが、逆に相手には自らの取材に応じることを求める」という独善的姿勢が、一般社会の常識に照らしたときいかに不当なものであるかを十分に認識し、真摯に反省すべきです。

 法廷で係争中の一方当事者である週刊新潮による当会の記事は、報道媒体としての信頼性・公平性など微塵も無いと言ってよいでしょう。

特に、当会に関して「(漫画が連載されている女性誌の)購入指示が出る」とか「ノルマが多い」などの大川きょう子氏の憶測にもとづくコメントは、全く事実無根であり、教団及び信者を侮辱する許しがたいものです。これに対しては記事の訂正を強く求めるものです。

 また、「妻もまともに管理できない」と大川隆法総裁を揶揄したジャーナリストの山田直樹氏は、そもそも大川きょう子氏が「まともな妻」ではなかったことをよくよく知るべきです。

当教団は、全世界信者の信仰の対象である大川総裁を勝手な憶測で侮辱することは断じて許されないと、同氏に対し強く抗議するものです。

 記事中の写真に「売れればいいのか!」というキャプションがありましたが、信仰心や人権を蹂躙し続けて、部数を必死に伸ばそうとする週刊新潮にこそ、このコトバをそっくりそのままお返したいものです。

 これまでの記事と同様、厳重に抗議するとともに、週刊新潮と大川きょう子氏に対しては、法廷でも正義と真実を明らかにしてまいります。

また、『週刊新潮に巣くう悪魔の研究』を多くの方にお読みいただき、悪質ジャーナリズムの実体を世の中に知らしめ、破邪顕正を進めてまいります。


以上

http://www.happy-science.jp/news/public/176C.html

サイバー攻撃にやられた?(TдT)

昨日Googleからこんなメール(写真)が

Image01

何を書いてあるのかさっぱり分かりません

この↓ニュースのサイバー攻撃と関係あるのでしょうか

--
Gメールにサイバー攻撃 中国起点とグーグル
全世界で2億人の利用者を持つとされる米インターネット大手グーグルによる電子メールサービス「Gメール」に対し、中国からサイバー攻撃が行なわれたことがわかり、グーグルが1日、同社ブログで発表した。
--

全文はこちら↓
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110602/its11060207280001-n1.htm

Google公式ブログはこちら↓
http://googleblog.blogspot.com/2011/06/ensuring-your-information-is-safe.html

そういえばこんなニュースもありましたね

--
米国防総省「サイバー攻撃は戦争行為」―軍事力対応も検討

【ワシントン】米国防総省は、コンピューター・ネットワークなどに対する他国からのサイバー攻撃について、戦争行為の要件を満たす可能性があるとの結論に達した。この見解により、この種の攻撃に対し、米国が通常の軍事力で対応することに道が開かれることになる。
--

全文はこちら↓
http://jp.wsj.com/US/node_243778

いずれにせよ日本の周りには危険な国がありますから十分気をつけなければなりません

自分を、家族を、大切な人を守るのは国民の義務だと思うのです

9jo

6月2日(木) 21:00より インターネットで《幸福実現TV》配信

ご存じない方もおられるのでお知らせします

幸福実現党では毎週木曜21時から

インターネットの生放送で時事問題についての見解や党の政策を発表しております

本日は

小島一郎幹事長代理と黒川白雲政調会長が

民主党が、震災のドサクサに紛れてコッソリ進めている超危険な「闇法案」

の是非を問います


パソコンをお持ちの方は↓をクリック

http://bit.ly/usthrp

2011年6月 1日 (水)

心の指針(78) 学校・塾・家庭

学校の機能は揺れている。

勉強を教えてくれるところは、他にもある。

徳育を教えるには、

バックボーン(背骨)となる思想がなく、

中途半端だ。

運動や行事だけだと、

教師たちの自尊心が許さず、

親たちも不満だ。

学校は市場のニーズに応えきれていない。


一方、塾は、

実力主義、

競争主義、

実績主義だ。

しかし、受験産業には、

光と影がある。

光の部分しか宣伝はされないものだ。

釣り堀の魚のように傷ついた子供たちを、

いったいどのように導くべきか。

弱肉強食の世界は解決されていない。


学校は平等と公正を、

塾は自由と結果責任を教える。

自立への道、

社会人への道として善用せよ。


家庭は仏子を育てる場であれ。

絶対肯定の砦であれ。







(幸福の科学公式サイトの「心の指針」より)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

つぶやき・かな?

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

I Love JAPAN