« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月30日 (月)

原発を救え

原発を救え

世間の人々が無明のマスコミ報道に踊らされ流されているこの時期に

あえて原発を守ることを主張する幸福実現党

それは日本のため、世界のため

闇夜の灯台それが幸福の科学です


N0195

ザ・リバティ 2011年7月号↓
http://www.irhpress.co.jp/detail/html/N0195.html

2048_l

福島第一原発の事故を受けて菅首相は浜岡原発を止めさせた。

だが、今回の事故による放射線は本当にそれほど危険なのか?

反対派と推進派双方の声や本誌分析による重要データを交えて

原子力のリスクと安全性、必要性を考えた上で、あえて言いたい。

「それでも日本には原子力発電が必要だ。原発を救え」と。

https://www.the-liberty.com/article.php?item_id=2048
より

2011年5月24日 (火)

いま金沢沖に◯◯◯漁船が

今の時期、金沢沖にはイカ釣り漁船が多く見られます

北海道からたくさん来てスルメイカを釣ってるんですって

残念ながらそのスルメイカは地元石川ではなく高く売れる首都圏に回ってしまうので、

獲れてる割には(石川では)安くならないんだそうです

でもこの烏賊、東京で売るときに何処産として売られるのでしょうね

posted by 管理人

2011年5月23日 (月)

原発の地下建設推進=幸福実現党の影響

朝日新聞の記事ですが↓

原発の地下建設推進、議連発足へ 与野党党首ら超党派
(中略)
地下式原発は地下に建設される原発。事故の際に容易に地下に封じ込められる利点があるという。三木内閣当時に検討が始まり、1991年に自民党内に勉強会が発足していた。

全文は↓こちら
http://www.asahi.com/politics/update/0521/TKY201105200673.html

これも幸福実現党の影響ですね

幸福実現党は菅首相の浜岡原発停止要請を受けて5月8日には

「菅首相に浜岡原発停止要請の撤回と退陣を求める緊急声明」を発表

また↓の写真の号外を全国主要駅前などで配布して

Kaname

 


全国でデモを行い国民の皆様を啓蒙しております

(参照記事↓)
http://hskamember.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-bee7.html
http://hskamember.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-95e7.html
http://hskamember.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-9d9e.html



なにか一つ問題が起きるとすぐに脱原発といった耳触りの良いだけの言葉を並べて自分の支持率を上げようする政治屋さんもいますが(例.◯奈川県知事など)

今回、森喜朗・安倍晋三・谷垣禎一・亀井静香・平沼赳夫らの大物議員が原発を止めないように動き始めたのは喜ばしいことだと思います




2011年5月21日 (土)

5/21大阪 5/22は

広島でも菅首相退陣要求デモ


詳しくは↓この動画で

FM混信(-。-;

この季節になるとFMトランスミッターが混信起こして、よく雑音はいりますね

北陸は冬場にも雑音入るんですが、いまの季節は特にひどいです

音楽聴いていると中国語が混じってきます 87.9MHZは金沢の放送局かと思うほどのクリアさで中国語放送が聞こえます

トランスミッターも海外メーカーのは雑音入らないのですが、国内メーカーのはバリバリ入ってきます

カーステレオと線でつなげるならトランスミッターではなく、線でつなげばいいですね

頑張れば何とかなるというものではない

「日本はこれまでも幾度と無く危機を乗り越えてきた、今度の大震災も必ず乗り越えられる」という趣旨の発言をここ二ヶ月時折耳にします

しかし、昔は日本人には神仏があり、それに基づいた精神性がありました

だから危機を乗り越えてこられたのです

皇室の存在を理由にあげる方もいますが、正確に言えば日本を守っておられる神々が皇室を在らしめてきて、その奥には神々の存在があったわけです

だから頑張ればなんとかなるという意見は、一見もっともらしく聞こえますが、本質の問題から目をそらせるという意味で有害となることもあるでしょう

今の危機は神なき民の危機であることをまず分かる必要があるでしょう


本日5/21(土)13:00より、幸福実現党の立党2周年記念行事「『元気出せ、ニッポン!』日本再建大会」が行われます

ゲストの日下公人氏による講演「元気出せ!ニッポン!日本を再建させよう!」もありますよ(^_^)

全国で中継されます。最寄りの支部にお問い合わせ下さい


posted by 管理人

2011年5月20日 (金)

A Star is born?(;´∀`)

エリア5反田でおなじみのマユちゃんが演技に初挑戦

なかなかサマになってる?

「動画に出演しました!」の記事は↓こちら
http://ameblo.jp/igusamayuko/entry-10897351262.html

posted by 管理人

動画は幸福の科学のネット入会


2011年5月18日 (水)

ハーバードでも評判 幸福の科学学園生

幸福の科学学園のアメリカ修学旅行(ホームステイ)が地元紙に載りました

THE HARVARD PRESSによれば

生徒達はどこでも「ワンダフル」「グレイト」と評判だったそうです

THE HARVARD PRESSの
Harvard hosts Japanese exchange students」記事より一部を引用

--
28人の日本の高校生が5日間の英語漬けホームステイ


栃木県にある宗教系の全寮制学校ハッピーサイエンスアカデミーの生徒がマサチューセッツを訪れハーバード近辺でのホームステイを体験した


どの生徒も「素晴らしい」「優れている」と評判で、どこでも礼儀正しさ、親愛さ、環境適応力を褒められた


長旅にもかかわらず16,7歳の生徒達は初日から元気で熱心であった


カリキュラムは勉強、文化、遊びのバランスの取れたものである


滞在中にハーバード大学やマサチューセッツ工科大、ボストン美術館、フルーツランド歴史地区などを見学した


伝統の茶道を披露した子もいる。これはけっこう練習がいるものだが着物姿の生徒は手慣れた様子で、抹茶と和菓子でもてなしてくれた


外国語ばかりの中にいると精神的にも肉体的にも疲れるものだが、初日から最終日まで生徒たちはずっとポシティブであった


彼らのアメリカでの生活で共通した印象は、家が広い、食べ物が大きい、トイレがたくさんある、リンゴジュースが甘いであった


日曜日(修学旅行の)別グループの生徒達と合流し、ニューヨークからわが家に向かって飛び立っていった
--


学園サイトの校長のメッセージもご覧下さい
http://happy-science.ac.jp/about/message/2011/05/post-6.html

--
幸福の科学学園の開校から、早くも1年が経ちました。

何もかも初めてづくしの苦労の中から、生徒も教職員も努力と改善を積み重ね、

いま、大きな花が咲こうとしています。


テニス部は、県北地区でシングルス・ダブルス・団体ともに優勝を繰り返し、

全県でも男女ともベスト8に入っています。

チアダンス部もダンスドリルのウィンターカップで3位に入賞しました。

勉強面では、ベネッセの模試で高1は偏差値80以上が5人。

英検でも高1で7割が高2レベル (準2級)以上、

中1生の3割が中学卒業レベル (3級)以上、8割が中2レベル(4級)以上という結果を出しました。


でも、学園の教育の最大の成果は「人」です。

3月に行った高1生ボストン・NY語学研修で、ホームステイをした町の地元新聞「ザ・ハーバード・プレス」は、

学園生のことを、

「どのファミリーに聞いてもワンダフル、グレイトと答える」

「礼儀正しく、フレンドリーで、新しい環境への適応力が高い」

「学園生とホストと、どちらが利益を得たかわからない」

と表現してくれました。

海の向こうの第三者からそう言ってもらえるほどに、学園生の人間性が育ったことを、私は誇りに思います。


「愛」と「知性」と「ユートピア建設への情熱」。

この3つを兼ね備えた人材こそ、21世紀の「世界のリーダー」です。

学園生は、成績は幅がありますが、志の高さにおいては全員が偏差値80以上です。

その夢と現実を結ぶ階段は、努力の汗と、忍耐の涙、そして勝利の笑顔で彩られることでしょう。


ぜひあなたも幸福の科学学園で、「努力即幸福」の境地を実体験してみませんか? 

学生時代を黄金時代にしながら、人類の黄金時代(ゴールデンエイジ)を、共に築いていきましょう!)
--

2011年5月17日 (火)

竹本良氏も太鼓判!5月8日のUFO艦隊

もうご存じですよね、5月8日に新宿上空に現れたUFO艦隊(UFO fleet)

5/15のTBSサンデー・ジャポンでも取り上げられていました

5月8日といえば大川隆法総裁の説法「破邪顕正」がおこなわれた日です

きっと他の星の方も国師の説法に合わせて姿を現したのでしょう



PS.UFO研究で有名な竹本良氏もこの動画を見てUFOだと太鼓判を押していました

動画まだの人はこの機会にどうぞ



こちらは竹本良氏出演のインターネット番組エリア5反田

動画を見る

http://www.ustream.tv/recorded/14695088

2011年5月16日 (月)

自殺は悪です

天国には行けません!




これを見て下さい



全国で日輪が! 【日暈ハロhalo】

地に降りた菩薩たちの活躍を祝福してくれてるようです(5/15)



Photo 金沢Photo_5四日市

Photo_6 聖地Photo_7 和歌山

動画は菅首相退陣を求める渋谷デモ2011.05.14





2011年5月14日 (土)

菅退陣へ大結集!

悪魔・菅直人の退陣を求める声は鳴り止みません


今日も憂国の士は獅子吼します

Shibuya,TOKYO,May14,2011

1 2 3 4

5 6 7 8

9 10

posted by 管理人




もしドラ じゃなく もし悪

「もし悪魔に憑かれた市民活動家が総理大臣になったら」


地震、津波、領空侵犯、原発事故、火山の噴火、大不況、伝染病、食中毒、etc,etc



http://www.hr-party.jp/pdf/20110508kanshushoutaijinyokyu.pdf

より転載します


--
菅首相は浜岡原発停止要請を撤回し、震災の責任を取って退陣せよ!



法的根拠の無い運転停止要請


6日、菅直人首相が中部電力浜岡原子力発電所の「運転停止要請」を唐突に発表した。

これにより、従来のエネルギー・原子力政策は真っ向から否定された。

原発の津波対策強化は必要であるが、菅首相は国家のエネルギー戦略や夏場の電力供給、地元や日本全体の経済活動、国民の生活に及ぼす影響など、本来、多岐に渡って詰めるべき議論や手続きを一切放擲している。

これは「政治主導」ではなく、「政治の暴走」にほかならない。

そもそも、今回の浜岡原発の停止要請は、法的根拠の無い事実上の命令に等しく、菅首相は、もはや「法の支配」を逸脱し、独裁者への道を歩んでいると言わざるを得ない。



経済活動への打撃深刻「菅」製不況


法律上の運転条件を満たしている浜岡原発が法的根拠不明のまま停止すれば、震災や定期点検等で停止中の原発の運転再開はいっそう困難となり、電力供給不安が長期化することは必至である。

また、中部電力は供給力不足に陥っている東電に電力を融通してきたが、その余力が無くなれば、首都圏の電力供給が不安定さを一層増す。

さらに関西から中部への電力融通が行われれば、ドミノ式に電力不足が日本列島を覆い、経済活動への影響は深刻なものになる。

これは日本経済を沈没させる「菅」製不況そのものである。



原油高騰 エネルギー安全保障の危機


「ジャスミン革命」から始まる北アフリカ・中東における混乱、それに伴う原油の高騰が日本のエネルギー政策の根幹を揺るがす中、菅首相の原発削減政策はエネルギー安全保障を自ら危機に陥れるものである。



即刻首相退陣を


菅首相の浜岡原発停止要請は、国民経済への負の影響を一切考慮しない、人気取りのパフォーマンスに過ぎない。

唐突な停止要請は、震災が起こった際に、自らに責任がふりかからないようにするためのアリバイづくりに過ぎない。

そもそも、天変地異の発生は、時の政権が神仏の御心に適わずに「神罰」「仏罰」が現象化したことが根本原因である。

「千年に一度」と言われる大震災が起こったのであれば、時の政権が責任を取って交代すべきであるにもかかわらず、政権の中においては誰一人も責任を取っていないのが現状である。

最大の防災対策は、震災の根本原因である菅直人首相本人が辞職することにある。

日本再建を期すのであれば、菅首相は、浜岡原発の運転を止めさせる代わりに、まず、自らが即刻、首相を辞めるべきである。
--

Kaname

日本の電気を取り戻せ!

 
   
        
 
 

2011年5月13日 (金)

即刻首相退陣を!

   
   
   
   
   
   
菅首相の浜岡原発停止要請は、国民経済への負の影響を一切考慮しない、人気取りのパフォーマンスに過ぎない。唐突な停止要請は、震災が起こった際に、自らに責任がふりかからないようにするためのアリバイづくりに過ぎない。
   そもそも、天変地異の発生は、時の政権が神仏の御心に適わずに「神罰」「仏罰」が現象化したことが根本原因である。「千年に一度」と言われる大震災が起こったのであれば、時の政権が責任を取って交代すべきであるにもかかわらず、政権の中においては誰一人も責任を取っていないのが現状である。
   最大の防災対策は、震災の根本原因である菅直人首相本人が辞職することにある。日本再建を期すのであれば、菅首相は、浜岡原発の運転を止めさせる代わりに、まず、自らが即刻、首相を辞めるべきである。



http://www.hr-party.jp/kantaijin.php

無明のループにサヨナラしよう

Aという問題が発生→


幸福実現党が○○という主張をする&マスコミは正反対の××と主張→


マスコミに煽られた世論が××を支持→


数ヶ月して○○が正しかったと判明&マスコミはその件についてはスルー→


世間の人は自分が××を支持したことを忘れる→


Bという事態が予想される→


幸福実現党が□□という主張をする&マスコミは正反対の▽▽と主張→


マスコミに煽られた世論が▽▽を支持→


数ヶ月後□□が正しかったと判明&マスコミはその件についてはスルー→


世間の人は自分が▽▽を支持したことを忘れる&保守系の言論人が実現党を認め始める→


Cという危機が発生→


幸福実現党が◎◎という主張をする・マスコミは正反対の◆◆と主張→


マスコミに煽られた世論が◆◆を支持→


時間が経ち◎◎が正しかったと判明&マスコミはその件についてはスルー→


世間の人の中に実現党が正しかったことに気づく人が現れ出す&しかし世の大部分は自分が◆◆を支持したことを忘れる→


Dという国難のまっただ中→


幸福実現党が○○という主張をする&マスコミは正反対の××と主張



…だいたいこんな感じで来てますね




動画は国師による最新の説法の一部です


2011年5月12日 (木)

あなたのブログをツイッターと連動させよう!

こんなサービスもあるそうです。参考までに

--
あなたがブログを更新する度に、twitbackrがブログの更新情報をtwitterに自動投稿します。更新通知のリアルタイム性は、他のどのサービスにも負けません!

設定数分、無料で、ブログのアクセスアップにも効果的!

あとはPing URLを設定するだけ
http://twitbackr.com/ping/**********

   1. 上のPing URLをあなたのブログの更新Ping/Trackback先に登録します。
      (別サービスですが、pingoo!の説明が参考になるでしょう)
   2. あなたがブログを書くたびに自動でtwitbackrにPingが送られ、数秒〜数十秒以内にtwitbackrがtwitterにブログの更新情報をポストします。
--

ということです
http://twitbackr.com/

ちなみに自分はココログのツイッター連携機能ではなく、
↓このサービスでtwitter連携させています
http://twitterfeed.com/

ココログの連携機能はタイトルだけがツイートされるからです


posted by 管理人

2011年5月11日 (水)

ブルガリア国営放送の幸福の科学紹介番組

世界はワールドティーチャーの出現に気づき始めています


以下に内容の日本語訳の一部を掲載します

--
TVインタビュー「チェンジ ユア ライフ チェンジ ワールド」


インタビュアー:友人達から『大川隆法現象』について教えてもらったアルベナは、その友人達のすすめで幸福の科学出版で働き始め、今も、聖務の全うと自らの魂の向上に日々励んでいます。

大川隆法氏によって1986年に創設された幸福の科学は、日本国内だけでなく、アメリカやカナダ、アジアの諸国、ヨーロッパやアフリカ各地でも、大きなスピリチュアル・ムーブメントとして飛躍的に発展してきました。

幸福の科学は全ての宗教、民族を統合し、全人類の救済、愛と調和に満ちた理想世界の建設、全人類幸福化を目標として、世界規模の救世活動を展開しています。

その大川総裁はどういう方でしょうか?


ベニー:大川隆法総裁先生の様な偉大なご存在を、とても一言で言い表す事はできません。

あらゆる分野に精通され、同時に、本当に様々な方面で精力的に活動を展開されている総裁先生のご存在を説明できる言葉が、私には見つからないのです。

総裁先生は、1956年に日本の小さな田舎町でお生まれになりました。

子供の頃から勉学に励み、日本最高峰である東京大学の法学部に入学されました。

大学時代は法律、政治、哲学をマスターし、その後、ニューヨーク市立大学大学院においては国際金融論を学ばれました。

大手総合商社入社後は、東京やウォールストリートで勤務され、トップエリートとしてキャリアを積まれました。

しかしある時、高級霊界からの啓示を受け、自らの使命は全人類救済であると自覚され、大悟されたのです。

大川隆法総裁先生という方は、究極の理想化です。
天上界からのメッセージを通じて、人類全てを悟りに導かれようと、数限りないご法話、ご巡錫をされています。

総裁先生が目指されているのは、個人の幸福だけでなく、政治、経済、教育、各界に渡っての改革です


インタビュアー:インターネットで見ても、大川隆法氏は民族間、宗教間の諸問題を超え、理想社会を建設しようとしています。

しかし、果たしてそれは本当に可能なのでしょうか?


ベニー:共産主義はかつて、私達にユートピアを約束しました。

しかし私たちブルガリア人は気づきました。ユートピアの地とかユートピア社会は幻影だと。

失望から、ユートピアという言葉すら虚しい言葉として、使いたくない気持ちにさせられました。

しかし総裁先生のお考えは違っていました。

私たち一人一人の個人が、いかに心を統御すれば良いか、どのように万物の中に調和を見出すかを知る事が道なのだと。

そして、自らを知るとは、他への理解に繋がり、まず自らが与える愛の人となる事が、ひいては社会全体を変え、世界を変えていくのだと、教えて下さったのです。

『まず自らの心の中に理想社会を築き、そこから家族に、職場、地域に、そして世界に広げていこう。』と総裁先生は言われています。
--


動画では
エル・カンターレとはどういう存在かの説明や
ご本尊の解説もされています







(参照オリジナルサイト)
http://www.rtvcblagoevgrad.com/index.php?menu=20&id=3575





2011年5月 9日 (月)

交通事故と原発事故

交通事故での死亡者数はここ20年毎年減っていることはご存じの方も多いと思います

(交通事故死亡者数について、警察庁発表の数字は24時間以内に亡くなった方の数ですが、以下の記述は厚労省発表の1年以内に亡くなった方の数を参考にしました。2005年のデータ参照)

ピーク時の1970年と2005年では車両台数が3倍近くの増加に対し、死亡者数は半分
1980年と較べても車両台数が1.5倍に対して、死亡者数は1割ほど減少しています

死亡者数の減少については、景気の低迷も影響しているとは思いますが、事故件数そのものは車両台数に比例して増えてますからそれ以外の原因があることは確かでしょう

それ以外の原因とは何でしょうか、

免許証の更新の時の講習で聞いた内容によれば、

車道歩道の分離、ガードレールの設置、信号機の設置、幼少時からの安全教育の実施、エアバッグ・ABSなどの自動車性能の向上、等があげられます

これらの積み重ねにより、自動車という文明のメリットを享受しながら同時に人命も守られてきているわけです

(余談ですが、戦前に書かれた谷口雅春氏の著書を読んでたら、今の国道2号線を自動車が猛スピード、といっても時速40kmくらいでしょうか、で走るようになり事故が相次いでいる、文明の発達に人間の精神がついてこれてない、という趣旨の内容が書かれていました。昔と較べれば技術の進歩を始め人間の努力により便利さと安全性を両立させてきたことが分かります)


ではこれを原子力発電、原発事故に当てはめたらどうなるでしょうか

より高い堤防により津波の被害を防ぐ

シェルター構造をひと回り外側につくり半径数百メートル以内で放射能漏れをシャットアウトする

周辺施設も耐震性をさらに高める

緊急電源の数の確保

人の教育の徹底

等々いろいろなアイディアがあると思います

こういった創意工夫を重ねていくことで、事故を起こさないようになる、起きた場合でも被害を小さくすることは可能となるはずで

日本の取るべき方針はこちらのほうだと思うのです

そうすれば、数十年後に、昔は技術も運用も未熟だったなあ、と言われるに違いないでしょう

反原発を煽るのは、中国に操られた左翼勢力(本人の自覚の有無は分かりません)が中心ですが、原発技術のイニシアチブを取り返したいアメリカもその一員です

左翼系や枝葉末節に終始する情報に惑わされず、国師の説かれる仏法真理に基づき未来を創っていきましょう

posted by 管理人

2011年5月 8日 (日)

堤防は無駄と言いたい?NHK

昨晩のNHKスペシャルで津波の特集をやってました

そこで気になったことがあります

最深部63メートルの世界最深の堤防でも被害は防げなかったということを言っていたように記憶しています

水面下がいくら深くても地上部分が8メートルでは大津波は防げません

まるでギネス級の堤防でダメだったから堤防じたいが無力と言いたいように聞こえました

その堤防ではダメだったということと、堤防そのものが無駄だということは全く違います

あれを見た人に天災に対して無力感が芽生えたら問題です

さらに、原発の安全対策も無力→原発反対、となるならさらに大問題です

大メディア、特にテレビ、特にNHKはその巨大な影響力=責任を自覚してもっと社会をよくする方向の内容を放送してほしいと思います

posted by 管理人

2011年5月 7日 (土)

日米安保堅持にGJ! またまた幸福実現党

「この問題、特に憲法九条問題を選挙の争点にしたら、マスコミに叩かれ、必ず選挙に負けるので、争点にしたくても挙げられずにいます。」

「本当は『幸福実現党の言うとおりだ』と思っているけれども、みな、勇気がなくてできないでいるのです。」

「宗教が、防衛・国防問題も扱っていれば、憲法改正問題も扱っており、それから、国の景気回復策、不況からの脱出策まで、

一生懸命、訴えておられるのを見ると、政治の無為無策に対し、非常に情けない気持ちでいっぱいです」

「自民党では全然できない。一歩も進まない。何をやっても会議が進まない状態です。」

「憲法改正用の国民投票の法案まで通して、時期を待っていたような状態であったのに、なんと、その意志を継いで行動してくれているのは幸福実現党であって、自民党ではない」

(安倍晋三元首相の潜在意識語る)

http://hskamember.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-482a.html
より


震災救援の米軍に謝意すら示さない民主党政府。非常に失礼なことです


一年前、鳩山内閣での日米安保の危機に際し、安保堅持を訴えるデモ行進を行ったのは幸福実現党でした

これは海外メディアにも取り上げられ、「テキサス親父」からもエールをもらいました

今回も同盟国の支援に大手メディアを通じて感謝を表明したのは幸福実現党でした

せめて自民党には政府に代わり何らかの表明をしてほしかったですね。

これも自民党の肩代わりをしてるわけですし、これまでも数々の政策を提供していますから政党助成金の1/3くらいはこちらにくれてもよさそうです


5月3日の意見広告↓を見れなかった人のために画像をアップします


Arigatou



posted by 管理人




2011年5月 5日 (木)

心の指針(77) 情報・知識・智慧

たえず目や耳や通じて脳に集まっているもの、

それは『情報』だ。

『情報』は集積することも、

処理することもできる。


『情報』が自分で使えるレベルになったもの、

学力になったり、

仕事で有用になったものを『知識』という。


『知識』は力である。

必要なことを知っており、

必要なときに取り出して使えるようにしておくことは、

現代社会では、

生きてゆくための技術であり、武器でもある。


しかし、もっとも大切なものもある。

それが『智慧』である。

『知識』が経験に裏打ちされて、

人生観を高めるレベルになったもの、

悟りのための導きの言葉にまでなったもの、

それが『智慧』である。


『智慧』は、

『知識』を善悪のふるいにかける時に生ずる。

深い内省の時、

瞑想の時に結晶してくるものだ。


それは、

天の一角から降りてくる、

インスピレ-ション(霊感)にも似たものだ。






(幸福の科学公式サイトの「心の指針」より)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

つぶやき・かな?

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

I Love JAPAN