« 人の不幸を食いものにする悪質ジャーナリズムへの反論 | トップページ | なぜ文殊の知恵というのか »

2011年4月 8日 (金)

宗教の神秘のベールが…

全世界から見て、

次の日本は、

幸福の科学の時代であり、

その文化的、

政治的、

経済的影響力が、

どこまで及ぶか注目されている。

貴重な一書であることは否めないだろう。



エロスが語るアフロディーテの真実


主な内容

驚愕の公開霊言
ギリシャ神話の隠された謎が、いま、説き明かされる。
ギリシャの英雄ヘルメス神と美の女神アフロディーテ。二人から生まれた子、エロスが、いま4300年の時をへて甦り、その真相を語りはじめた。

目 次

・「三人のアフロディーテ」という伝説
・エロスの魂に隠された秘密    ほか

« 人の不幸を食いものにする悪質ジャーナリズムへの反論 | トップページ | なぜ文殊の知恵というのか »

心と体」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 人の不幸を食いものにする悪質ジャーナリズムへの反論 | トップページ | なぜ文殊の知恵というのか »

つぶやき・かな?

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

I Love JAPAN