« 赤字続きの新潮が売上を伸ばす秘策 | トップページ | ザ・リバティwebがケータイ対応 »

2011年3月 1日 (火)

心の指針(75) テレビと読書

テレビは進化するメディアだ。

二百年前の人が、

本や新聞を見ても驚かないだろうが、

テレビには驚くだろう。

誰もが、容易に情報を入手できるという意味で、

テレビの実力はあなどりがたい。

子供や老人、

仕事から遠ざかっている主婦は、

難しい本や新聞は読みたがらないが、

テレビなら簡単に知識が得られるのだ。



こうして、ズルズルと流されると、

テレビを見る時間は増える一方だ。

しかし、

エンターテイメントと雑学が多いのには、

やはり用心しなくてはなるまい。

テレビを長時間見ても、

知的な人間にはならないのだ。



読書は意志の力を鍛え、

考える力を身につけさせ、

繰り返し読める点が、テレビの違いのだ。



孤独な時間が、

知力を目覚めさせるという事実を、

忘れてはなるまい。



(幸福の科学公式サイトの「心の指針」より)




« 赤字続きの新潮が売上を伸ばす秘策 | トップページ | ザ・リバティwebがケータイ対応 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤字続きの新潮が売上を伸ばす秘策 | トップページ | ザ・リバティwebがケータイ対応 »

つぶやき・かな?

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

I Love JAPAN