« 当然と思い込んでいるものを破してみよう | トップページ | 福岡でいじまもシンポジウム »

2010年12月 1日 (水)

心の指針(72) 自分らしく生きる

学校での教育は、

画一した人格を求めがちだ。

一人の教師にとって、

四十人の生徒を教えるには、

その方が便利だからだ。


また、会社での社員教育も、

一律の訓練をしたがるものだ。

その方が、上司は、

苦労なく部下を使いこなせるからだ。

たしかに、

他人(ひと)に迷惑をかけることは、

よくないことだ。

反省もし、慎みもしよう。


しかしながら、

決して譲ってはいけない一線もある。

たとえば、

この世の数十億人の人々の中で、

あなたが唯一無二の存在であるということだ。


二人としていない個性なのだ。

自分らしさを、

自分が愛さないで、

いったい、誰が愛するというのか。

あなたらしさを失ってはならない。



(幸福の科学公式サイトの「心の指針」より)

« 当然と思い込んでいるものを破してみよう | トップページ | 福岡でいじまもシンポジウム »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 当然と思い込んでいるものを破してみよう | トップページ | 福岡でいじまもシンポジウム »

つぶやき・かな?

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

I Love JAPAN