« いいサイトができました | トップページ | ビジュアル版 なんて幸福なんだろう 心の指針71 »

2010年11月 2日 (火)

地上から戦争をなくすために

世界に戦乱が多い理由の一つは、宗教の不統一ということもありましょう。

特にイスラム教圏が戦争好きであること、またキリスト教国においても、寛容と許しはあるが、

古代ユダヤ教以来の戦争好きの精神が流れているということ、これが宗教において戦争が絶えない理由の一つです。


これに対しては、日本に仏教的なる精神を中心とした精神的高揚をつくり、

この仏教的精神を中心とした慈悲の世界、共生きの世界を、全世界に広げていく必要があります。

宗教の融和・統合、それが必要なのです。


もっとも、「宗教国家としての日本は先の戦争で敗れた」と言う人があります。

しかし、それは宗教が敗れたのではなく、日本神道が敗れたのです。

日本神道は儀式に中心があり、教えがあまりありません。

その教えに国際性がないことが、日本神道が全世界に広がらなかった理由であると私は思います。


いま幸福の科学を中心として発信されていくこの理想の理念が、

幸福の科学を中心として出されていく人間性のあり方が、宗教心が、

そしてこの世界宗教こそが、最終的にこの地上から戦争をなくし、

人びとがそれぞれの民族の個性を生かしながらユートピアを創っていく原理になるでしょう。



「理想国家日本の条件」(1992年)より


Risoukokka




« いいサイトができました | トップページ | ビジュアル版 なんて幸福なんだろう 心の指針71 »

心と体」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« いいサイトができました | トップページ | ビジュアル版 なんて幸福なんだろう 心の指針71 »

つぶやき・かな?

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

I Love JAPAN