« コペルニクス的転換 | トップページ | 「信仰と愛」(1990年)より »

2010年10月11日 (月)

現代的ストイシズムとは何か

現代的ストイシズムについて、少し述べておきたいと思います。

ここには個人としての個のストイシズムだけではなくて、集団としての、群れとしてのストイシズムも大事だということが書いてあります。


これはみなさんも観察されていると思いますが、大きな目標をもっている人は、どこか自分を律しているところがあると思いませんか。

そして、自分を律して生きている人を見て、「この人何かやりそうだな」と思っていると、やはり何年かするとそうなるのです。

不思議ですがそのとおりなのです。これも隠された一つの法則です。


まず、このストイックであるということ自体がどういうことであるかというと、その目標自体が間違っていたら、それはストイックであっても意味がないということです。

「私はストイックだ、畳の下に金一杯貯めてる」などと言ってもだめですが、

そうではなくて、もっと高次な目標のために、自分のこの贅肉の部分、余分な部分をセーブしてでも、本当に大事なことに注ぎ込んでゆくという姿勢です。


これをするためには、ある程度の自分を律する気持ちがなくてはいけません。

こういう気持ちでいるとどうなるかということですが、守護霊・指導霊のインスピレーションをひじょうに受けやすくなります。

これは事実です。事実そのとおりなのです。

「守護霊の指導がない」とか「守護霊がついているのに何で自分はこんなに不幸なんだ」と言う人もいると思いますが、ここに問題があると思ってください。

我欲を出して、ふりまわしていると守護・指導霊は寄ってこないのです。

そうではなくてより高級な、高次な目標を持って、そして自分の無駄なところは省いて、一生懸命に一途にやっている人には、本当に光が与えられるのです。

必ずそうです。これは保証します。

私が保証するのでやってみてください。


ストイックというのは、別に肉を食べないということではありません。

贅沢をしないということでもありません。

大きな目標のために、自分のできるだけの時間、体力を注ぎ込んでゆくという考え方です。

これをやっている人のところには、必ず霊的指導があります。


今必要なのは個人としてのストイシズムだけではなくて、ある程度群れとしてのストイシズムが必要だということなのです。



「心の復興」講義(1988年)より




« コペルニクス的転換 | トップページ | 「信仰と愛」(1990年)より »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コペルニクス的転換 | トップページ | 「信仰と愛」(1990年)より »

つぶやき・かな?

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

I Love JAPAN