« 比較にならない尊さ | トップページ | コペルニクス的転換 »

2010年10月 9日 (土)

自分に都合のよい説明=魔

"己心の魔"というのは難しいものです。

反省ということができる人であっても、どうしても自分には甘くなっていきます。

そして、自分に都合のよい方向に説明をつけていきたいという気持ちが出てくるものです。

このように、第三者の立場で自分自身を見るということは非常に難しいことであり、反省ができる人であっても、どうしても自分に都合のいいかたちでの反省をしていくようになってきます。

これがみなさんに残された課題です。

方法論だけは教えられていても、実際にできるかどうかは、各人の課題として残るわけです。


結局、自分に甘く生きている方は、一生涯を貫いても、反省の核心というものは得られないのです。

その核の部分をつかみとることができないのです。

この自分というものを抜け出して、宇宙の真理、神秘のなかで自分を見つめるということ、時代性や地域性を超えて、自分自身を淡々と見つめるこいうことは、大変難しいことなのです。

それは、法を学べば学ぶほど、ある意味において難しくなってくることがあります。
学んだ真理知識が、逆に自我を固め、自分を客観的に見ることを難しくする場合さえもあります。

自分がある程度悟ったという思いが、その悟りを遠ざけることもあります。


ですから、己心の魔との闘いは一生続いていくと考えてよいでしょう。

これは、みなさんがいかなる資格を得ようとも、終わることのない修行なのです。



「釈迦の本心」講義(1989年)より

« 比較にならない尊さ | トップページ | コペルニクス的転換 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 比較にならない尊さ | トップページ | コペルニクス的転換 »

つぶやき・かな?

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

I Love JAPAN