« 魚のアラ(ザン)の味噌汁には | トップページ | 世界を導く新しい国家モデルとは »

2010年10月 1日 (金)

日本海でも中国船が衝突

北國新聞2010年10月1日朝刊より
--
中国船、加賀漁船と衝突 加賀市橋立沖16キロ 操業中 けが人なし、船体を損傷

1日午前1時半ごろ、加賀市橋立港の西約16キロの海上で、石川県漁協加賀支所の底引き網漁船「第二大栄丸」(17トン、乗組員5人)が、香港船籍の貨物船「DAPING(大平)」(全長117メートル、5275トン)と衝突した。第二大栄丸の船体の一部を損傷した。双方の乗組員にけが人はなく、油の流出もなかった。敦賀海上保安部などが双方の乗組員から事情を聴くなどして、詳しい事故原因を調べている。

 敦賀海保によると、第二大栄丸が2ノット(時速約3・6キロ)で北東方向に操業中、伏木富山港から敦賀港に航行中の大平号と衝突したという。大平号は衝突後も航行を続けたため、付近で操業中の小型底引き網漁船が追跡し、第8管区海上保安本部(京都府舞鶴市)は無線で停船を指示した。大平号には中国籍の18人が乗っていたという。

 同日午前3時55分ごろ、福井海上保安署の巡視艇「あさぎり」が海上で大平号を見つけ、船首のいかり付近に白色の塗膜片のような物を確認した。

 金沢海保は巡視艇「わしかぜ」と派遣されている伏木海上保安部の巡視船「のりくら」を現場海域に出動させた。

 第二大栄丸は橋立港へ自力で戻った。同港で海上保安官約10人が、船の破損状況などを調査。大平号は敦賀港に入港、敦賀海保が船体の状況などを調べている。
--
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/E20101001001.htm

だそうです

> 大平号は衝突後も航行を続けた

いわゆる当て逃げです

とんでもない連中ですな

故意か事故か?なんか時期が時期だけに怪しい気もしますが、実際のところどうなのでしょうね

posted by 管理人

« 魚のアラ(ザン)の味噌汁には | トップページ | 世界を導く新しい国家モデルとは »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 魚のアラ(ザン)の味噌汁には | トップページ | 世界を導く新しい国家モデルとは »

つぶやき・かな?

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

I Love JAPAN