« 乃木大将の教え | トップページ | 中朝国境で洪水 »

2010年8月23日 (月)

こっ、これは…、、うっ、宇宙人の記憶!?

世にも不思議な物語の連続ではある。

「リーディング」とは、二十世紀アメリカの奇蹟の予言者エドガー・ケイシーが、催眠で眠りながら、被験者を透視・調査したものを「霊言」し、秘書が速記録を書き起こしたもので、生前、一万四千件ものリーディングがなされたという。

私の場合は、ケイシーのような「眠れる予言者」ではなく、「読心」「宿命」「天眼」などの神通力を発揮して、相手の心の中や記録の内容を読み取ってしまう。

地球の裏側にいる人に対しても透視できる点は、その場にいない人のことでもわかるケイシーとも共通している。

「六大神通力」は、仏陀特有のものだが、この力を用いて、地球に転生してきた宇宙人の魂の記憶をリーディング(読み取ること)したものが本書である。

まずはご一読あれ。


大川隆法「宇宙人リーディング」より

Uchujin_reading

« 乃木大将の教え | トップページ | 中朝国境で洪水 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 乃木大将の教え | トップページ | 中朝国境で洪水 »

つぶやき・かな?

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

I Love JAPAN