« 左翼にとっての不都合な真実。しかし | トップページ | 休暇分散 メリットないが再来年に導入か? »

2010年8月18日 (水)

強い心でいじめなくせ

いじめから子供を守ろう!ネットワーク ブログ

http://mamoro.blog86.fc2.com/blog-entry-919.html

より

プロレス団体ZERO1(ゼロワン)、いじめ撲滅に向けてイベント

※ いじめから子供を守ろう! ネットワークの協力団体である、プロレス団体ZERO1(ゼロワン)が、いじめ撲滅に向けて、さまざまなイベントを開催していることが報道されました。

強い心でいじめなくせ 
レスラー大谷晋二郎さんら子どもと交流

「しない、させない」約束 岐阜市でイベント

201008160930_11427.jpg プロレスラーたちが子どもたちと交流しながら、いじめに立ち向かう勇気といじめ根絶を呼び掛けるイベント「いじめ撲滅・元気創造」(同運営実行委員会主催、岐阜新聞・岐阜放送など後援)が15日、岐阜市橋本町のJR岐阜駅北口の信長ゆめ広場で開かれた。

 イベントは、地元のFMラジオでパーソナリティーを務めるマッキーこと柚原真紀さん(同市岩崎)が企画。
 柚原さんは、土岐市出身のプロレスラー故橋本真也さんの後援会で、現在はプロレス団体ZERO1(ゼロワン)の後援会となった「岐阜一華開」の事務局長。
 自らも小学生の時にいじめに遭ったことから、7年前から橋本さんと県内の小学校や施設などを回り、子どもらに勇気を与えるイベントを開催してきた。

 今回のメーンイベントは、ゼロワン代表の大谷晋二郎さんらレスラー4人が屋外リングで行った試合
 若手の新人レスラーが、百戦錬磨の先輩レスラーに立ち向かう姿や、暑さと痛みで体力の限界を超えても逃げない姿を見せ、観客の子どもたちから声援を受けていた。橋本さんの息子でプロレスラーを目指す高校3年の大地さんも手伝った。

 試合後、大谷さんは「やられてもやられても立ち上がるプロレスの精神こそ、今の世の中には必要」と呼び掛けた。
 集まった子どもたちは「私は、いじめを絶対にしない。させない事を約束します」とリングの上で宣誓。大谷さんに宣言書を手渡した
 柚原さんも「いじめない自分、いじめを止められる自分、強い自分になるきっかけになれば」と話していた。
【2010年8月16日 岐阜新聞】
【写真】大谷晋二郎選手(右から2人目)の前でいじめをしない宣言書を読み上げる子どもたち=岐阜市橋本町、JR岐阜駅北口の信長ゆめ広場

9月5日(日)、栃木県総合運動公園で
プロレスラーとごみ拾いしよう 
いじめ撲滅訴え プロレス試合
【宇都宮市】

 

ごみ拾いといじめ撲滅を狙ったイベント「第2回とちぎ・まるごと綺麗にスッペ」が9月5日、県総合運動公園で行われる。
 プロレス団体「ZERO1」のレスラーが協力し、試合も予定している。
 産業廃棄物処理業のウスイ産業(北若松原2丁目)が主催。プロレスファンの臼井伸太郎専務(36)が地域貢献として企画した。
 参加希望者は当日午前9時30分に同公園中央広場に集合する。午前中、公園内や周辺でごみを拾う。
 午後はプロレス教室のほか選手どうしの試合も。献血の協力も呼び掛ける。

100817 下野新聞

     【写真】KAMIKAZE選手(左)、大谷晋二郎選手(右)

 いじめ撲滅について、レスラーでもあるZERO1の大谷晋二郎社長は「レスラーはきつい技を自ら受けている。きついことから逃げない精神を(試合を通して)ダイレクトに子供たちに伝えたい」と話している。
 大谷社長のほか、足利市出身のKAMIKAZE選手も参加する。
 参加無料。小雨決行。問い合わせはウスイ産業上三川工場電話0285・56・8720。
【2010年8月17日 下野新聞】

« 左翼にとっての不都合な真実。しかし | トップページ | 休暇分散 メリットないが再来年に導入か? »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 左翼にとっての不都合な真実。しかし | トップページ | 休暇分散 メリットないが再来年に導入か? »

つぶやき・かな?

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

I Love JAPAN