« アヘン戦争時GDPはイギリスより中国のほうが大きかった | トップページ | テンプレ期限切れ(;´д`) »

2010年6月 7日 (月)

小中学校に二宮尊徳像の復活を

小学校・中学校に、「二宮尊徳像」を戻していただきたい。これで、日教組を退治できるからね。
二宮尊徳像を建てるだけで、日教組を退治できるんだよ。

「日教組の力が大きくなった」ということと、「二宮尊徳像が消えていった」ということの流れは一致しておる。彼らは資本主義の精神が嫌いなんだ。

だから、できれば二宮尊徳像を復活していただきたい。このあたりも、マニフェストの裏側に、ちょこっと一行ぐらい書けないもんかねえ。
つまり、「学校教育のなかに、二宮尊徳の、資本主義の精神、勤勉の精神を取り入れたい」と、一言、入れてほしいんだよ。

二宮尊徳像が日教組・北教組と戦うんだ。
それを建てていって、「生徒に『先生、これなあに?』と訊かれたときに、建てる理由を説明できないようでは、先生ができない」ということであれば、よろしいんだよ。

結局、誰を尊敬するかによって、人間は変わるんだ。

「この人は、薪を背負って歩きながらでも本を読み続けた方なんですよ」と。

「この人は、両親が早くに亡くなって貧乏になり、十代の初めに伯父さんのところに預けられました。

あるとき、感心にも、夜遅くまで灯をともして勉強していたら、伯父さんがケチで、油がもったいないから灯を使うなと言われたのです。

そこで、菜種の種子をもらってきて、荒地を耕し、自分で菜種を植えて、収穫をしました。
そして、その収穫をした菜種と交換して手に入れた油で、夜、灯をつけて、猛勉強をしていた人なんですよ。

こういう人のように、あなたがたも創意工夫をしなさい。
勉強できない理由を言うのではなくて、どうやったら勉強できるかということを考え、偉い立派な人になり、お国を発展させなさい」

こう言ってくれればいいんだよ。もう、これで、十分、日本の再興は成るんだ。


大川隆法『富国創造論』第一章「二宮尊徳の霊示」より




« アヘン戦争時GDPはイギリスより中国のほうが大きかった | トップページ | テンプレ期限切れ(;´д`) »

心と体」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アヘン戦争時GDPはイギリスより中国のほうが大きかった | トップページ | テンプレ期限切れ(;´д`) »

つぶやき・かな?

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

I Love JAPAN