« 誰が神社を護るのか? | トップページ | 愛するがゆえに戦う »

2010年5月13日 (木)

リーダシップの根源にあるものは判断

こうした、世の中の人たちや政府当局が気がついていないような事態については、

やはり、目覚めたる者が、国家の危機管理についても強い意見を言わなくてはならないと思っています。

さらには、現在の平和ボケした政府等に関しても、「マスコミ受けするような、権謀術数だけの取り引きをして、日本の指導者を選んでほしくない。

危機の時代を生き抜けるだけの強い指導力を持った、危機管理能力の高い方に、日本の指導者になっていただきたい。」

リーダシップの根源にあるものは、「判断」なのです。

的確な情報をつかんで、素早く判断することさえできれば、行動は速いのです。

判断の基礎にあるものは、「正確な情報」です。

情報を集めて分析する能力を持っていなければ、判断ができません。

危機管理能力といっても、そのようなものが特別にあるわけではなくて、要するに判断力なのです。

政治家は、どちらの方向に向かっていくべきかということを、その時期に、的確に明言することです。

それが国としての成功のための方策になります。


「人生成功の秘訣」(大川隆法 1995年)より



« 誰が神社を護るのか? | トップページ | 愛するがゆえに戦う »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 誰が神社を護るのか? | トップページ | 愛するがゆえに戦う »

つぶやき・かな?

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

I Love JAPAN