« 現在の国難への対処法 | トップページ | マッカーサーの霊示読みました »

2010年5月29日 (土)

署名拒否は選挙対策?

社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相が普天間飛行場移設問題をめぐる政府方針への署名を拒否して罷免されました

参院選が近付き民主党の支持率が急降下しているいま、距離をとったほうがよいという判断でしょうか?

「信念を通した」と見せつけたいのでしょうか

村山内閣の時に自衛隊を認めて支持者が離れていったイタイ経験は忘れていないでしょう

日本国憲法を本尊とする九条真理教の信者の支持を受けて成り立っている政党ですから、このコアなファン層受けするパフォーマンスが必要なのかもしれませんね

posted by 管理人

« 現在の国難への対処法 | トップページ | マッカーサーの霊示読みました »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 現在の国難への対処法 | トップページ | マッカーサーの霊示読みました »

つぶやき・かな?

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

I Love JAPAN