« 幸福実現党 石川悦男党首ってどんな人? | トップページ | 人まねの生き方をやめよう »

2010年5月31日 (月)

中国の国防動員法に思う

一部の人が騒いでいるようにこれができたからといって、台湾や日本に侵略が出来るようになります、というのとは違う意見を持っています

以前からチベットやトルキスタンを侵略して人間とも思えないような暴行、拷問、虐殺、人権弾圧、等々悪行の限りを尽くしている国であります

政府に反抗するものは同じ漢民族であっても容赦はしません

文革の地獄絵図も左巻きの人たち以外にはよく知られたところです

ではこの国防動員法の意味はなんでしょうか

自分はこれは国の中心軸を定めたと理解しています

日本で言えば憲法にあたるといえばわかりやすいでしょうか

中共は今後国家の方針を「超限戦」に置くということでしょう

中華帝国が世界の覇権を握るためにサイバーテロでも何でもやります

正規戦、ゲリラ戦、武力の行使、情報戦、財産の差し押さえ、とにかく何でもやります

これが我が国の方針です、国民はそれに従い協力する義務があります、外国人も外国企業にも容赦はしません

ということを内外に向かって高らかに謳い上げたと見ます

とんでもない国といえばとんでもないのですが、日本にとってはまた敵失一つといったところでしょうか

オバマ政権になってアメリカの中国重視、日本軽視が進んでいましたが、さらに鳩山内閣で日本無視になっていました

それがグーグルの検閲問題、そして今回の国防動員法でアメリカの中共急接近に多少はブレーキかかるものと期待しています

それではノシ

posted by 管理人

« 幸福実現党 石川悦男党首ってどんな人? | トップページ | 人まねの生き方をやめよう »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 幸福実現党 石川悦男党首ってどんな人? | トップページ | 人まねの生き方をやめよう »

つぶやき・かな?

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

I Love JAPAN