« ヘルメス~偉大な愛の神~ | トップページ | テキサス親父が5.11デモに「アリガトウ」 »

2010年5月26日 (水)

事業仕分け 塩の備蓄削減に反対ですか?

先週ネット上で騒いでる人いましたね、忙しさにかまけてこのことを書き忘れたのでメモとして書いておきます

国家の命運が係るような物資、例えば石油は国家としても備蓄していますし、対象となる民間企業にも義務付けています

民間企業に備蓄させる方法は安上がりで保管場所も多岐にわたり分散効果もあります

東京にある企業は非常食の備蓄が義務付けられていて自分も深夜残業の際には倉庫から少し拝借して腹の足しにしていた記憶があります

今回問題となった塩事業センターの備蓄は現在食用分を3ヶ月備蓄しているのを減らすといってたのです

3ヶ月というと長期間のように思えますが日本における塩消費の内、食品産業や家庭用などの食用は15%程度です

工業用に使うならば備蓄は2週間しかもちません。もっとも食用の高価な塩を工業用に使うとは思えませんけどね

工業用の天日塩、これはメキシコやオーストラリアの塩田、浜辺が見渡す限り塩田なんですけど、ここから持ってくるもので非常に安価です。塩は放っておけばニガリは抜けますのでこの天日塩の純度も高く工業用に適しています

ホコリが混じっているので、通常そのまま家庭用としては売られていませんが非常時なら即転用できるのです。スーパーの塩コーナーで天然塩と銘打ってるのはこの天日塩を溶かしてゴミホコリを除きニガリで味を整え再結晶させたものです

ここまで書くと塩事業センターの備蓄は何と中途半端なものだという感が拭えません

本気で国民生活を守ろうというなら官民合わせて食用だけではなく全消費量の何ヶ月分と決めて備蓄するべきではないでしょうか

工業用塩は民間企業に備蓄を義務付けているか、監督官庁から要請しているか忘れましたが、仮にしていなくとも税金をまける等の措置をとれば比較的容易に可能だと思います

税金を投入してするのならばもっと練られたシミュレーションの下で行ってほしいものです

ちなみに大東亜戦争に突っ込んでいったのはABCD包囲網により石油を止められたといいますが、このとき日本にどれだけの石油が備蓄されていて、止められてもどれだけの期間国が維持出来るかは誰も分かっていませんでした

このように現状分析なしで突っ走るようなことを再び繰り返してはならないと思います

posted by 管理人

« ヘルメス~偉大な愛の神~ | トップページ | テキサス親父が5.11デモに「アリガトウ」 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ヘルメス~偉大な愛の神~ | トップページ | テキサス親父が5.11デモに「アリガトウ」 »

つぶやき・かな?

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

I Love JAPAN