« 天上界がみな「政党をつくれ」と言っているのには理由があるのです | トップページ | 幸福実現党 主要政策(2010年5月)を公開 »

2010年5月 4日 (火)

多く捨てた者が多く成功する

私の著書『生命の法』では、「代償の法則」ということも述べていますが、

やはり、「いかに多く捨てたか」ということが、

「いかに多く成功するか」ということにつながっていくのです。

月刊幸福の科学2010年5月号「決断力が道を拓く」より



本当の勉強の仕方を教えられるということは、ある意味で仕事の仕方を教えることにつながるものです。

勤勉というものを中心とした、努力の大切さが、自分自身で確認でき、

「やったらやっただけの成果があがってくるんだ」ということを、

子供たちに自覚させるということが、教育にとっては非常に大事なことだと思います。

月刊幸福の科学2010年5月号「教育の理想」より



私は現在、民族対立のもとである人種差別を廃止する運動、例えばアメリカの黒人の公民権運動や、ロシアの民主化の運動も指導しています。

日本の文化、新しい宗教をインドに導入して、ヒンズー教の古くなったところを改革させようと思っています。

月刊幸福の科学2010年5月号「マヌ霊言による『レムリアの真実』」より

« 天上界がみな「政党をつくれ」と言っているのには理由があるのです | トップページ | 幸福実現党 主要政策(2010年5月)を公開 »

心と体」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 天上界がみな「政党をつくれ」と言っているのには理由があるのです | トップページ | 幸福実現党 主要政策(2010年5月)を公開 »

つぶやき・かな?

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

I Love JAPAN