« 誤解してませんか?「みんなの党」 | トップページ | 幸福党党首 信仰者としての挑戦を語る »

2010年4月15日 (木)

プロの教師としてプラスアルファの努力を

「先生」と言われるということは、実につらいことです。厳しいことです。

そう思っていないのだったら、甘いです。


免許もらったら先生になれると思っているのだったら、ものすごく甘い。

日本の教育の状況は、自分で生徒を集める力がなくても、失業しないように出来あがっているのです。

一般の会社、あるいはお店であれば、お客を集める力がないところは、みんなつぶれていくのです。


ところが、公立の学校はそうなっていないのです。

地区割りをして、「ここの学校に通うように」ということで、守られてきた。

だから、教員免許を持っておれば、「先生」といわれて、二十代からそのまま定年までいられることが多いのです。


けれども、一般世間の法則から見ると、お客様が来て下さらないものは、どんなものであれ、倒産するのです。つぶれるのです。

しかし学校だけは、さすがに最近は統廃合も増えてはきましたが、基本的にそうなっていないのです。


本当を言えば、やはり「この先生に教わりたい」と言って生徒が集まってくるぐらいでなければ、「先生」とは言えないというのが、最低限度だと私は思います。

「逃げられないように生徒を縛りあげないと、先生として仕事にならない」というのでは、困ります。


今、学校対塾の競争があって、学校のほうは塾や予備校のことをあまり良くは言いません。

生徒たちが塾に行く時間がくると、ホームルームを長引かせて塾に行かせないようにしたりして、生徒と紛争を起こしている先生もたくさんいます。


それは、つらいとか悔しいのは分かるけれども、基本的に、「自力で生徒を集める力があるかどうか」というところが大きいのだ、と知らなくてはいけないのです。


「どうしたらそういう、生徒が呼べるような先生になれるか。人気のある先生になれるか」ということを、考えて、努力する必要があります。

それは給料の問題ではなくて、子供たちに学ぶことの喜びを教えることができて、子供たちがその先生に教わることに幸福感を感じるということは、教師として自分の生きがいにつながることです。

「お役に立っている」、あるいは「子供たちの未来に夢を与えることができている」ということは、非常にうれしいことですよね。


そういうふうになるためには、どうすればよいかということですが、やはりプラスアルファの努力はしなければいけないと思うのです。

最低限のところで済まそうとすると、子供のほうも、やっぱり最低限の努力でなんとか乗り切ろうとするようになります。

あるいは学校に睡眠をとりに来たり、授業時間中に運動しに来る子供も、中にはいます。キャッチボールしたり、気分転換に来る子供も出てくる。

まこともって悔しい限りですけれども、やはり子供たちの尊敬を勝ち得なくてはいけないと思うのです。


尊敬を得るためには、まずは自分の専門に関して、ある程度深いところまで掘り下げていく努力をするということが大事だと思います。

「これだけやっていれば、教員としてはなんとか給料分になっているだろう」というのとは別に、自分としてその専門の領域については掘り下げて努力をしていくことが大事ですね。


それは、必ず人に伝わっていくものなのです。

不思議なんですが、分かるのです。

プラスアルファの努力をしている人というのは、それがオーラみたいになって出てくるので、子供たちにも必ず伝わって、尊敬を得るようになります。


御法話「教育の理想について」より

« 誤解してませんか?「みんなの党」 | トップページ | 幸福党党首 信仰者としての挑戦を語る »

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

先生達
けっこう身銭を切って
いろいろやっています

その部分は一切知られていないです
ひっそりと皆努力してるから
ここまで子供とやれるんですよ

毎日沢山の子供の面倒を見ることは心が離れたら崩壊するし、そうそう簡単な仕事ではないですから

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 誤解してませんか?「みんなの党」 | トップページ | 幸福党党首 信仰者としての挑戦を語る »

つぶやき・かな?

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

I Love JAPAN