« お子ちゃま大臣と赤ちゃんマスコミ | トップページ | どちらが責任政党か?-幸福実現News第6号 »

2010年3月11日 (木)

保守の焦燥感と希望の星

外国人参政権の一難が去ってない今

いよいよ外国人住民基本法の請願が国会に付託予定となりました

普天間移設の混乱、朝鮮学校無償化、外国人子弟への子ども手当、核「密約」の暴露、、

現内閣は国家の根幹を揺るがす愚策・亡国策をこれでもかこれでもかと矢継ぎ早に打ち出しています

幸福実現党は民主党政権ができればこうなることをずっと訴え続けてきました

驚くは右翼の声がほとんどといってよいほど聞こえないことです

この国難を作った左翼マスコミ&左翼政党連合の前には右派勢力の力はあまりに小さいのでしょうか

自分には、彼らが幸福実現党に期待している、幸福実現党なら何とかしてくれるのではという期待感が伝わってきます

もちろん幸福実現党は右翼政党ではありません

神の世界には右も左もありません

ただ日本と世界の人々の幸福のために尽くすのみです


国難打破にむけて

全人類の幸福にむけて

みなさまが集い来ることを祈念いたします

posted by 管理人

H0257

宇宙人の真実の姿と、地球来訪の目的は何か?

宇宙人と地球人の共存は、すでに始まっている。

情報鎖国・日本の「常識」を打ち破る。

衝撃と驚愕の「ザ・ファクト(THE FACT)」

« お子ちゃま大臣と赤ちゃんマスコミ | トップページ | どちらが責任政党か?-幸福実現News第6号 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お子ちゃま大臣と赤ちゃんマスコミ | トップページ | どちらが責任政党か?-幸福実現News第6号 »

つぶやき・かな?

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

I Love JAPAN