« 運転中のiPhone_iPod操作用アプリ【オススメ】 | トップページ | 理想国家日本・建国の集い »

2010年2月 9日 (火)

道州制と国家神道

昨日ある右翼系学者の道州制反対説を読んでなかなか面白いと思った管理人です

その方のいうには日本国民は天皇と一対一でつながっている。天皇のもとの平等が日本の伝統である

天皇と臣民の間に州政府という「夾雑物」を挟むことで距離ができる

連邦政府は地方の集まりであり「国家」とは似て非なるものである。従って道州制は皇室解体を推し進め日本解体に向かう

だいたいこんな意見でした。その方は立派な学者なのですがこれを読んで感じたことを書きます

そもそも地方分権が天皇と国民の間に壁を作るなら江戸時代はどうなのでしょうね?藩は州よりはるかに強い独立性を持ってましたけど、と素人は考えてしまいます

つまり武家政権による地方分権の過ちに気づいて元に戻したのが明治維新ということですかね

また天皇のもとの平等、一対一で天皇と国民が結ばれているという考えは、キリスト教のプロテスタントの考えによく似ています

米国留学の経験で学んだのか、または西洋型一神教の考えを神道に取り入れ、天皇をキリスト(神)的立場に置いた国家神道創生時の考えを引いているのかもしれません

自分も以前に道州制に反対する日記を書きましたが、それは主として国防上の理由からでした

右派の方の意見を聞くにつれ、飛鳥時代の仏教導入は大変な大変な仕事であったろうと思います

先祖代々日本の神を祀っていたのに、ここにきて外国の神を祀り拝むというのですからそれはそれは多くの反対が出ました

異国の神を拝むと日本の神々がお怒りになる、災いが来ると

そのため多くの血が流れました。仏教を信ずる人が迫害にあい、仏像が破壊されました

当時の国粋派の主張は、今の言葉でいうなら「皇室解体阻止」「日本解体阻止」にあたるでしょうか。彼らも信念を持って戦っていたのです

現代でも首相公選制や大統領制を提案しようものならすぐさま皇室解体、日本解体と言って反対論を繰り広げる学者や評論家の方々は、聖徳太子の時代に仏教に反対し仏教徒を迫害していた神道派の生まれ変わりかもしれません

しかしながら仏教導入により日本人の精神性は大きく高まりました。文化は花開し、調和を重んじる平和な国が創られることになりました

第二の建国、第二の開国の現在、地球という大きな視点、さらには地球を超えたもっと大きな視点で日本を見る必要があると思います

« 運転中のiPhone_iPod操作用アプリ【オススメ】 | トップページ | 理想国家日本・建国の集い »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 運転中のiPhone_iPod操作用アプリ【オススメ】 | トップページ | 理想国家日本・建国の集い »

つぶやき・かな?

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

I Love JAPAN