« 幸福実現党・林幹事長講演 | トップページ | 坂本龍馬の »

2010年1月15日 (金)

三つの国難

管理人です

もう見ましたか?youtubeの幸福実現党の記者会見

この中で木村党首は民主党政権による3つの国難について語っています

ポイントを箇条書きにしてみます

・幸福実現党は前回の衆院選は国難選挙であると訴えた

・民主党政権で三つの国難が来ると訴えてきた

・国難1-経済。バラマキ政策で社会主義的な「大きな国家」「重税国家」へと向かい、不況は深刻化するであろう

・国難2-国防。民主党政権になればアメリカとの距離を取り中国に擦り寄っていくだろう

・国難3-教育。日教組の影響が強くなり、ゆとり教育が復活し、公教育、公立学校はますます地盤沈下していくであろう


・民主党政権により「三つの国難」が現実化してきた

・経済-バラマキ政策が現実化しており、株価も伸び悩み、未来への展望が立たない状況

・国防-普天間基地問題の迷走、朝貢外交

・教育-全国学力テストの大幅縮小。日教組の方針が教育行政に影響を与えはじめる


・幸福実現党の主要政策。三つの柱-新しい「富国」「強兵」「学問のすすめ」

・「富国」-GDP世界一を目指す。規制緩和や減税、リニアモーターカー等の未来産業投資によって「高度経済成長」をもう一度実現。

・「強兵」-日米同盟の強化と防衛力の強化。普天間基地を日米合意の通り辺野古の方に移転し、日米同盟を確固としたものにする

・「学問のすすめ」-公立学校の復権。公立学校の学力向上。実績公表による切磋琢磨、いじめ防止法の制定等による公教育の質の向上


・参院選の目玉政策-参議院の廃止。参議院の廃止による国政の効率化。参議院はもはや政争の具であり国政の遅延を招いているだけ


・幸福実現党は国難から日本の国・民(くに・たみ)を護り、繁栄の未来を拓く

・明治維新を起こしたあの幕末の志士たちと同じ気概と気持ちで今立ち上がっている

・新しい「富国」「強兵」「学問のすすめ」により国・民を救い、世界のリーダー国家日本を建設

・そのために、夏の参院選において47都道府県すべてに立候補者を擁立

動画を見る

動画を見る

明後日の日曜には羽咋市で幸福実現党・林幹事長の講演がありますよ(^ー^)ノ

« 幸福実現党・林幹事長講演 | トップページ | 坂本龍馬の »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 幸福実現党・林幹事長講演 | トップページ | 坂本龍馬の »

つぶやき・かな?

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

I Love JAPAN