« みやもとさとし候補の新聞記事 | トップページ | 辺野古とへしこ »

2010年1月25日 (月)

人生修行の意味(その1)

霊が地上に出て来ては転生輪廻をしているという話を私はしていますが、


肉体というまゆに宿ることによって、漏れてくる光の量がわずかなものとなってくるのです。


どこにその限られたところがあるかと言うと、いちばん限られている部分は、じつは創造性の部分であると思います。


つまり、思ったことを実現する力です。


いったんこれが肉体に宿ると、この創造性というものがいちじるしく鈍ってくるのです。

(大川隆法「観自在力」より)


魂には、いくつかの性質があります。

その一番目の特徴とは、創造的性質です。

魂は、自分の意思によって、自由自在に自分をつくりかえていく性質が与えられています。

(大川隆法「太陽の法」より)


魂(霊魂)が肉体に宿ることによって一番の特徴がいちばん抑え込まれてしまうんですね

つまりいちばん鍛えられるべき性質だということです

管理人でした ~~~ヽ(゜▽゜*)Ξ(*゜▽゜)ノ~~~ ♪

« みやもとさとし候補の新聞記事 | トップページ | 辺野古とへしこ »

心と体」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« みやもとさとし候補の新聞記事 | トップページ | 辺野古とへしこ »

つぶやき・かな?

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

I Love JAPAN