« 買っちゃった | トップページ | 離婚をしなくてすむ方法 »

2009年12月21日 (月)

雪の日の書店にて

管理人です

昨日の金沢は大雪そして非常に寒かったです。そんな日はといえば本屋をぶらぶらしてきました

「日本を貶めた10人の売国政治家」(幻冬舎新書)というのがメンチンであったので読んでみました

複数の言論人による記述や対談で構成されています

感想は正直なところあまり面白くなかったです

立派な意見を述べる人もいてその部分はためになるのですが、期待して読んだせいか全体的には期待はずれ感が強かったですね

まあ考えが狭いというかなんというか、これでは全国民的な盛り上がりにはなりようがないと思います

この通りにすれば日本は確実に衰退するでしょうね

郵政の民営化批判については、日本では山地の多いとか日本固有のコストがかかる事情をあげてましたが

アメリカは国土が広大なうえに、人口が分散してます。それでも郵便料金は日本より安く

一人当たりの郵便送受量が日本と較べてずっと多いのです。災害大国でもあるしアメリカの方が不利な条件はいくらでもあるのです

そのへんを意図的に無視してバイアスをかけた情報のみ流すところはアサヒ的ないやらしさを感じてしまいます

小泉批判では、規制緩和は労働者にスキルアップを要求するため個人主義化が進み地域共同体の崩壊、ひいては皇室崩壊につながるという理論を展開してました

雇用者が自由に被雇用者を馘首できるような「規制緩和」ならともかく、経済活動を縛る意味不明の規制はどんどん撤廃してゆくべきです

とにかく「規制緩和」「小さな政府」という言葉を「抵抗勢力」に仕立て上げて批判攻撃するという小泉流劇場型政治手法をそのまま踏襲してるのには笑ってしまいました

では今日のところはこのへんで☆~~~ヽ(^ー^*)ゝ

« 買っちゃった | トップページ | 離婚をしなくてすむ方法 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 買っちゃった | トップページ | 離婚をしなくてすむ方法 »

つぶやき・かな?

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

I Love JAPAN