« 参院選へゴー | トップページ | 法の絆 »

2009年12月31日 (木)

掃除の功徳

さきほどやっと年末大掃除の終わった管理人です

掃除のあとは心がとてもさわやかで清らかな気がします

最近は「そうじ力」といって掃除により運が良くなる、家庭が調和するなどいわれていますが

古くは仏陀の時代にも掃除はとでも功徳があったという話が残っています

チューダパンダカという仏陀のお弟子さんの話です

有名なのでご存じの方も多いと思います

チューダパンダカは教学がさっぱりわからずに他の弟子からも見放されていました

しかし仏陀は、彼は見どころがある男かも知れない、と言って簡単なことを実践させました

それは庭掃除でした。「塵を除かん。垢を除かん」と繰り返しながら箒を持って庭を掃きなさいと仏陀は教えたのでした

するとチューダパンダカは掃除をするんだなと思いそれを続けているうちに

「ああ、人間も同じなんだ。心のなかにある塵や垢を除くことが大事なんだ」と悟ったのです

これは頭が良く教学を一生懸命にやっていた弟子よりも、頭が悪くても掃除だけしていたチューダパンダカのほうが悟りが早かったという話です

頭にいろいろ詰め込めば賢くなれると思っている現代人にとってこの話は不思議に思えるでしょうが実際このようなことがあったわけです

幸福の科学でも支部や精舎で修行の一環として掃除(作務といいます)を行っています
仏陀の時代から現代にいたるまで掃除は心を磨く大切な行為なんですね

それではよいお年を

« 参院選へゴー | トップページ | 法の絆 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 参院選へゴー | トップページ | 法の絆 »

つぶやき・かな?

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

I Love JAPAN