« 『本当の幸せはまず家庭から』 | トップページ | 『ホントに中小企業は助かるかな? 』 »

2009年11月17日 (火)

事実を言って何が悪いのかと開き直る?小沢一郎キリスト教を語る

小沢一郎のキリスト教は非寛容発言が話題になってます

確かに仏教と較べると非寛容である点は否めませんし

キリスト教の異端審問の歴史、帝国主義と一体化した侵略と虐殺の歴史を見ればそのような意見も一理あるように見えます

しかし、これが日本の事実上のトップの発言となれば別です

アメリカで黒人やヒスパニックの地位が低いことを他国の政治家が言ったらどうでしょうか

事実を言って何が悪い、では済まないのです

このくらいの社会人常識もなく一国の政治を牛耳っているわけですから恐ろしいかぎりです

また小沢氏はイスラム教にも言及していますが、聞けば小室直樹氏の一般書をチラ読みした程度の知識で話しているように見えます

この程度で「宗教論と文明論を言った」というのはあまりに無分別と言わざるを得ません

仏教について氏は「ほかの宗教で、みんな神様になれるとこあるか」と仏教では死ねば仏になれる、

神様になれると説いているといってますが大きな間違いです

死ねば煩悩(悪い心)が消えて神様になれるならそもそも宗教は要らないわけです

放っておけば悪くなって極楽に行けなくなるから宗教があるわけです

それともこのままでは成仏できないようなやましいことでもしてるのでしょうか彼は

今回小沢氏は伝統仏教の団体にすり寄っていったわけですがこれについては次回コメントしようと思います

« 『本当の幸せはまず家庭から』 | トップページ | 『ホントに中小企業は助かるかな? 』 »

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『本当の幸せはまず家庭から』 | トップページ | 『ホントに中小企業は助かるかな? 』 »

つぶやき・かな?

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

I Love JAPAN